おすすめできる敷布団と選び方

敷布団の選び方って?ポイントとメンテナンスを知って快適な睡眠時間を!

あなたはどのような基準で敷布団を選びますか? 機能性、価格、厚さ、素材など、色々なポイントがありますよね。 またサイズや使用する季節など、それ以外にも考えて買わなければいけません。

どういったものを選べばいいかわからないから、安いものを適当に買ってしまう…という方も多いのではないでしょうか。

しかし、人は一生の約1/3を睡眠に費やしていると言われています。 また、睡眠時間の使い方によって、生活の質が変わってくることはご存知だと思います。 よく眠れなかった日は、翌日のコンディションがどうしても悪くなりがちですよね。

んな大切の時間を、適当に選んだ敷布団で過ごすのはもったいなく思いませんか? ここではそんな敷布団の選び方のポイントについて、様々な切り口で紹介していきます。

敷布団の選び方って?選び方のポイントと、敷布団の比較記事をご紹介

先程申し上げた通り、敷布団の選び方と一言で言っても、様々なポイントがありますね。 また、今まで敷布団についてそこまで考えたことがなかった…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方には、まず、敷布団の選び方についてまとめた記事と、様々な敷布団を比較したページをご覧いただきたいと思います。

敷布団を選ぶときには、寝心地を重視して選びましょう

まず、敷布団はどのように選べばいいのでしょうか? 一番のポイントは、寝心地が良いかどうかですよね。 その布団で寝ていて心地よくなければ、快適な睡眠は得られません。

寝心地の良さは、主に敷布団自体の感触と体を支える機能で決まります。 感触に関しては、寝床内気象(しんしょうないきしょう)という、布団の中の温度が非常に密接に関わっています。 これが高すぎると暑くてベタっとしてしまいますし、低すぎると寒くてヒヤッとしてしまいます。

また、体圧分散という、体にかかる圧力を均等に分散させる機能がどうなっているかも重要です。

流行の低反発敷布団は、柔らかくて身体にフィットします。 しかし、身体が沈み込んでしまって寝返りが打ちづらく、体圧も分散しづらくなっています。

高反発の敷布団は堅くて寝づらいのでは…というイメージがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし、体が沈み込む部分を下から反発力で持ち上げてくれるので、寝返りをサポートしてくれ、体圧分散にも優れています。 このように、寝心地の良さを考えると、寝床内気象と体圧分散を重視して選ばれると良いでしょう。

寝心地と選び方について詳しく見る

でも、寝心地なんて実際に寝てみないとわかりませんよね。 そこで、寝心地を確認する以下のポイントをチェックして、快適な敷布団を手に入れましょう。

まずは、敷布団のサイズ厚み硬さを決めましょう。 これらは寝る人数や体格によって考えます。 次に、ご自分の肌質に合う敷布団の素材を選びます。 睡眠時にずっと肌に触れるものですから、肌質に合うだけではなく、防ダニ・ノミなどの機能があるかどうかも確認してみましょう。 また、メンテナンスのしやすさも長持ちさせるには必要なポイントですね。 なお、腰痛がある方や、体の不調を感じていらっしゃる方には、機能性の高い敷布団を選ぶことも重要です。

選び方のポイントについて詳しく見る

様々な敷布団を比較した記事を見れば一目瞭然!

そうはいっても、たくさんの敷布団があって選べない…という方もいらっしゃるでしょう。 世の中にはたくさんの商品があり、それぞれに特化しているポイントがありますから、どれがいいかわからなくなってしまいますよね。 なにかにまとめてあればいいのにと思ったことがある方もいらっしゃるのでは?

そんなときには、敷布団を比較しているサイトを見るのも一つの手なんです。
そこで、100年以上の歴史を持つ布団専門店「くじめ屋」の商品から、人気商品を比較しているページをご紹介します。 寝心地、素材、厚み、価格、軽さなど、様々な視点から比較していますので、気になるポイントから確認してみましょう。 もしかすると、今まで考えたことのない視点で敷布団について考えることができるかもしれません。

敷布団徹底比較について見る

敷布団徹底比較②について見る

素材によって快適さが変わるので重視して

敷布団を選ぶ際に、素材を重要視される方も多いのではないでしょうか。 しかし、「布団はやっぱり木綿」と思っていらっしゃる方もいるのでは? 最近は機能的な素材がたくさん出てきていますので、綿以外の選択肢も非常に増えてきているんですよ。
ここでは天然素材だけではなく、機能的な素材についてもご紹介いたします。 まずは、敷布団の構造と中身について簡単に見てみましょう。

敷布団の中身について詳しく見る

綿や羊毛のような天然素材は、温かく眠ることができる

綿の布団の良さは、保温性が高く、芯がしっかりしているので体を支えてくれること。 旅館の布団のような、パリっとしてふわふわの布団はやっぱり理想ですよね。 昔ながらの木綿の布団は、やっぱり安心感が違います。

しかし吸湿性が高いので、敷きっぱなしにするとカビてしまう可能性が…。 また重さがありますので、毎日の上げ下ろしやメンテナンスがとても大変です。 しかし、今はポリエステルを混ぜた綿の布団もあり、どちらのメリットも得ることができるようになっています。

綿の敷布団について詳しく見る

羊毛の布団の良さは、なんといっても暖かく、弾力性があって寝返りが打ちやすいこと! また放湿性にも優れているので、じめじめしづらいのもポイントです。
暑い季節には不向きなように思えますが、気化熱という外の熱をとってくれる作用が働くので、夏でもさらさらな感触で使えます。

また引火しづらいので、万が一の場合や災害の場合にも安心なところもとても重要ですね。 しかしへたりやすく羊毛独特の臭いがあるのがデメリット。
こちらもポリエステルを混ぜた布団があり、羊毛100%よりもへたりづらくなっています。

羊毛の敷布団について詳しく見る

ウレタンの敷布団は通気性と体圧分散があるか確認を

ウレタン敷布団とは、「ウレタンフォーム」という石油化学製品でできている敷布団です。 台所で使うスポンジのような形状となっているんです。
中身の密度が高く作られているので、保温性が高く、暖かい布団で眠ることができます。
また、寝返りが打ちやすく、体圧分散に優れた商品が多いことがウレタンのメリット。

しかし、通気性があまり良くなく、結露しやすいのが最大のデメリット。
そんなデメリットを補うために、表面をデコボコにカットする「プロファイル加工」が施された敷布団を選びましょう。
山のように出ている部分が、体を点で支えてくれるので、体圧を分散しやすくしてくれます。
谷のようにくぼんでいる部分は、空気が通るようになり、通気性をよくしてくれます。
ウレタンのメリットを最大限に利用できる敷布団を選んで、快適な睡眠を目指しましょう。

ウレタンの敷布団について詳しく見る

防ダニやブレスエアーなど、機能的な素材もたくさんあります

最近は、機能性に特化した特殊な素材もたくさん出てきています。
まず注目したいのは、ダニを予防できるかどうかです。
ダニに刺されると痒くてたまらないのに、見えないところに潜んでいて、予防が難しいですよね。ダニは湿気や汗をエサにして繁殖する生き物です。
人は寝ている間に約コップ一杯程度の汗をかくので、通気性の悪い敷布団を使っていると、その汗や湿気が溜まっていって…恐ろしいことになってしまいます。
まずは通気性があり、ムレづらい素材を選び、湿気や汗がたまるのを防ぐことが重要です。
天日干しや乾燥、洗濯がしやすい敷布団を選ぶこともポイント。
また、「マイティトップⅡ」という、防ダニ・抗菌・消臭機能がある、高性能な素材もありますよ。

防ダニの敷布団について詳しく見る

また、「ブレスエアー」という素材をご存知でしょうか? 東洋紡という会社が開発した、三次元スプリング構造体という高機能のクッション素材です。

「ポリエステル系エラストマー」という樹脂素材の一種で、高い弾力性と通気性が特徴となっています。
この「ブレスエアー」、いろいろなメリットがあるんですよ。
まず、8万回の圧縮実験にも耐えられる耐久性で、非常にへたりづらく長持ちします。
また、通気性が高いのでムレづらく、高反発なので寝返りも打ちやすくなっています。
しかも透水性が高いので、なんとご家庭で丸洗いが可能なんです!

それ以外にもたくさんのメリットがある「ブレスエアー」について、もっと知りたくありませんか?
ぜひ以下のページをご覧いただいて、「ブレスエアー」の魅力を感じてください。

ブレスエアーについて詳しく見る

敷布団の中身と側生地の素材にも注目しましょう

今までご紹介したような、敷布団の中身についてだけではなく、側生地(がわきじ)についても注目してみませんか? 側生地とは、敷布団の素材を包む布のこと。
シーツやカバーをかけるから関係ないように感じますが、実は中身の良さを活かすためには、この側生地も重要なんです。

テンセルとピケはほこりが出ず、毛玉もできない素材

そんな側生地でおすすめなのが、「テンセル」と「ピケ」。 テンセルとは、ユーカリからできる再生素材のこと。 吸湿性・速乾性に優れており、消臭効果や防ダニ効果もあるというので驚きですよね。 ピケとは「キュービックアイピケ」のこと。 ポリエステル100%ですが、表面に凹凸があり、なんと指圧効果があるすぐれもの。 また糸を使っていないのでほこりが出ず、アレルギー体質の方にも安心です。

側生地について詳しく見る

敷布団は安さだけではなく、コスパも重視して選ぶことが大切

安いだけではなく、安くても機能性の高い敷布団を

とはいっても、やっぱり安い敷布団がいい、という方もいらっしゃるのでは? 今は安くても機能性が高く、長持ちする布団も増えてきています。

では、「安かろう悪かろう」な商品ではなく、安くてもいいものを選ぶためにはどうすればよいでしょうか。
そのためには、信頼できる専門店で購入することが大切になってきます。
量販店で買うことも悪くはないですが、売っている布団の機能性やオリジナリティについて考えると、どうしても専門店に軍配が上がりますね。

そして、流通コストをカットしてくれている専門店を選ぶことも重要です。
老舗の布団専門店である「くじめ屋」は、商社やメーカーと直接取引しているので、流通コストを最大限にカットしています。
より良いものを、より安く!」をモットーにしている会社だけありますよね。

安い敷布団について詳しく見る

コスパの良い敷布団を選ぶには、敷布団の機能性を知ることが重要

また、安くなくてもいいけれど、コスパの良い敷布団がいい!という方も多いのではないでしょうか。この「コスパ」とは、コストパフォーマンスという、費用対効果のこと。
つまり、支払ったお金や商品に対して、どのぐらい満足したかという意味です。
価格が高かったとしても、満足度が高ければコスパが高いということになります。

しかし、せっかく買ったのにすぐにへたってしまったり、ダメになってしまっては意味がないですよね。
メンテナンスがしづらかったり、重たくて上げ下ろしが大変など、結局使わなくなり、押し入れの肥やしになってしまったら、せっかく支払ったお金が無駄になってしまいます。
また腰痛なのに腰痛向けの敷布団ではないなど、自分に合わない敷布団だと、のちのち使わなくなる原因になりがち。
値段だけに注目するのではなく、機能性やメンテナンスのよさ、自分に合っているかにもきちんと注目して選びましょう。

コストパフォーマンスのよい敷布団について詳しく見る

下が畳かベッドかによって選び方が変わる!二枚重ねについてもご紹介

敷布団の下によって、敷布団の選び方が変わることはご存知でしょうか。
・床に直接敷くのか、ベッドに敷くのか
・その床は畳か、フローリングか
・一枚で敷くか、二枚を重ねて敷くか
など、敷布団の下がどうなっているかによって、選び方のポイントはたくさんあるんですよ。

ベッドに敷くならマットレス、床に敷くなら敷布団

一般的に、ベッドの上に敷く布団はマットレス床の上に直接敷く布団は敷布団がよいと言われています。 そのマットレスと敷布団の違いについて、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。 マットレスは弾力性があってへたりづらく、体圧分散に優れている商品が多いことがメリットです。 敷布団は畳めるため省スペースで、天日干しができ、寝る場所の移動が簡単なことが利点ですね。 マットレスは単品で使うように作られていますので、マットレスの上に敷布団を敷くとメリットが減ってしまうことにも注意して下さい。

マットレスと敷布団の違いについて詳しく見る

畳と布団の相性は抜群、フローリングなら湿気に注意

もしお家に畳の部屋があるなら、その部屋に布団を敷くほうがよいでしょう。 畳は「床付き感」(床の堅さを感じること)が少なく、布団の湿気を吸ってくれるので、布団との相性はバッチリです。
もしフローリングのお部屋に布団を敷く場合は、湿気がこもりやすいので、すのこを敷くなどの対策をするようにしましょう。
また床付き感が気になる場合、厚めの敷布団を選んだり、敷布団を二枚重ねにしてみてもよいでしょう。

敷布団と畳について詳しく見る

敷布団とフローリングについて詳しく見る

敷布団の二枚重ねは、向いている敷布団を選ぶのがコツ

「敷布団を二枚重ねて寝る」…そんな方法を試したことのある方はいらっしゃるでしょうか。
あまり聞いたことがないことのように思えますが、実はメリットがあるんです。
まず、敷布団を二枚重ねると、保温性が上がるので、暖かく眠ることができます。

また厚みができ、弾力性が増すので、床付き感が気にならなくなり、背中や腰の痛みを軽減してくれます。 ただし、敷布団と敷布団の間の湿気がこもりやすいのがデメリット。
湿気がこもりづらく、洗濯がしやすい敷布団を選んで、デメリットを解消しましょう。

敷布団の二枚重ねについて詳しく見る

敷布団の寿命とメンテナンス方法を知って長持ちさせよう

昔からずっと同じ慣れた布団を敷布団を使っている方も多いと思います。
しかし、実は敷布団にも寿命はあるんです。

また、その寿命を延ばすためにはこまめなメンテナンスが必要なんです。ここではその寿命と、様々なメンテナンスの方法についてご紹介します。

布団にも寿命がある!買い替えたあとは天日干しを

敷布団の寿命ですが、一般的には5~10年程度と言われています。 しかし、素材によっては3~15年と非常に幅があります。 またメンテナンスの回数が少なかったり、汚れを放置していると、もっと早まってしまうことも…。
そんな寿命ですが、やっぱり少しでも延ばしたいですよね。 汚れが気になったらすぐに洗濯をしたり、綿であれば打ち直しをするなど、メンテナンスに気をつければ可能なんですよ。

また、敷布団の毛玉が増えてきたらメンテナンスの時期。 毛玉を取って、なめらかな表面で寝られるよう工夫することが快眠への第一歩です。
もし毛玉をとってもすぐできるようなら、寿命が近いことのあらわれです。

また、へたったり毛玉ができたりと、「寿命が来たな」と思ったらすぐに買い替えましょう。
繰り返すようですが、人は一生の1/3程度を睡眠に使っているんです。
その大切な睡眠時間を、ぼろぼろの布団で過ごしていてはもったいないですよね。 快適な敷布団に買い換えて、快適な睡眠時間にするよう心掛けることが大切です。

敷布団を買い換えたあとは、不良品ではないか、必ず検品作業を。 その後は、できるだけ天日干しをするようにしましょう。

布団の寿命について詳しく見る

敷布団の毛玉について詳しく見る

敷布団の購入後について詳しく見る

敷布団の洗濯は、洗濯表示を必ず確認しましょう

敷布団を洗濯したい!と思ったら、まずはタグの洗濯表示を必ず確認しましょう。 これを確認しないまま、間違った洗い方をしてしまうと、敷布団がダメになってしまいます。
洗濯機OK」「手洗いOK」の記号が書いてあれば、ご家庭で洗濯することができます。
最近は丸洗いできる敷布団なんていうものもあるんですよ。 もしご家庭の洗濯機に入らない場合、コインランドリーで洗うのがおすすめです。

「ドライクリーニング」「ウェットクリーニング」など、クリーニングの記号が書いてある場合、必ずクリーニングの業者に頼みましょう

敷布団の洗濯について詳しく見る

敷布団の洗い方について詳しく見る

敷布団も家庭で洗濯できる?その方法をご紹介

先程申し上げた通り、「洗濯機OK」「手洗いOK」の記号があれば、ご家庭での洗濯が可能です。 丸洗いできる敷布団を選べば、洗濯機で丸洗いすることができるので楽ちんです。

ダニやノミ対策だけでなく、汚れたときにすぐ洗うことができるので、メンテナンスしやすく、長持ちさせることができますね。

また、皮脂や汗、尿や血液など、汚れによっても洗い方が変わってくるんですよ。
汚れ別に洗い分けて、きれいな状態を保ちましょう。

丸洗いできる敷布団について詳しく見る

汚れ別の洗い方について詳しく見る

クリーニングやコインランドリーも利用できる

「クリーニング」に関する記号がついている場合、クリーニング業者に必ず頼んでください。 もしご家庭で無理に洗ってしまうと、一回で布団がダメになってしまうことも…。

近くにクリーニング屋がなくても、布団集配サービスという宅配でクリーニングを依頼できるサービスもあるんです。 重たい布団を持ち運ばなくてもいいので、車などがない方にもおすすめです。

クリーニングについて詳しく見る

また、ご家庭で洗える敷布団でも、大きくて洗濯機に入らない場合もありますよね。 そのときはコインランドリーを使いましょう。
乾燥機にかければ乾燥まで済んでしまうので、布団を外に干せない方も安心です。 ふかふかの布団に仕上がりますよ。

コインランドリーについて詳しく見る

敷布団を通販で購入するなら、購入方法と口コミを確認しましょう

歴史ある専門店「くじめ屋」なら安心してお買い物できます

通信販売やオンラインショッピングが一般的になった今、敷布団を通販で買おうと思っている方も多いのではないでしょうか。 通販のメリットは、なんといっても重い敷布団を持ち帰らなくても良いところですよね。

また、様々なウェブサイトからたくさんの商品を探すことができるところもメリットです。 しかし、実際に商品を手にとって見ることが出来なかったり、たくさん商品がありすぎて逆に選べない…なんて悩みも。

そんな悩みを解決するためには、歴史のある専門店のウェブサイトを選ぶことがポイントです。 例えば、100年以上の歴史をもつ「くじめ屋」などの信頼できる通販サイトを利用すれば、安心してお買い物することができますよ。 以下の記事にはネットショッピングの利用方法も書いてありますので、一度確認してみてくださいね。

敷布団の通販について詳しく見る

通販で買うときはおすすめ商品と口コミを必ずチェック

通販で購入する際は、おすすめ商品や口コミについてもチェックしましょう。 歴史のある専門店がおすすめしている商品なら、信頼して購入することができますよね。 また、色々なお悩みに応えられる商品をおすすめしているかどうかも確認を。
ただ「売りたいから」でおすすめしている会社ではなく、コンシェルジュのように悩みを解決してくれる専門店で購入したいですよね。

先ほど紹介した「くじめ屋」では、体質改善腰痛改善スポーツマン向けなど、様々な方に対応する商品を販売しています。
まずはそんな「くじめ屋」のおすすめ商品をみてみましょう。

くじめ屋のおすすめ商品について詳しく見る

そして、通販で欠かせないのが口コミのチェックですよね。 実際に購入された方の感想・コメントですから、信頼性は抜群です。
また口コミの数を見れば、どれだけの人が買われたかの数も把握できますから、人気商品かどうかもわかります。 人気で良い感想も多いとなれば、購入の決め手には十分ですよね。

このページでは、「くじめ屋」の商品の口コミを見ることができます。 これを読むと、買い替えで買われた方も、新しく追加で買われている方も、みなさん満足されているよう。
同じような使用感を体験できるのであれば、ちょっと買ってみたいな…と思いませんか? なお、ここに掲載されているのは数多くの口コミの一部ですから、ぜひ商品ページから全ての口コミをご覧になってみてください。

くじめ屋の商品口コミについて詳しく見る

敷布団を選ぶことは、快適な睡眠と人生に必ずつながります

敷布団の選び方についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 敷布団と一口に言っても、様々な選び方があることがおわかりになったかと思います。
ご自分が何を重視しているのかによって、敷布団を見直してみることが必要です。 また、買い替えやメンテナンスも必ずするようにしましょう。

大切な人生の1/3を占めている睡眠時間。
その睡眠時間の質を上げる寝具を見直して、快適な人生を過ごしてみませんか。

New! 新着記事一覧

一覧を見る >