おすすめできる敷布団と選び方

肌触りにこだわりたいあなたにオススメできる敷布団

2016.11.10

Pocket

肌触りの決め手は”素材”

近年、睡眠の質の重要性が注目されてきています。
寝具の肌触りも睡眠に影響する要素のひとつです。

最近では綿、ポリエステル、シルクといった定番素材の他にも、敷布団に適した性能を持つ素材がたくさん販売されています。
生地の触り心地は織り方によっても変わるものですが、素材が大きな決め手になると考えて良いでしょう。

今回は、その中から敷布団カバーに特にオススメの素材をご紹介します。
自分の肌質や好みに合わせて、快適に過ごせる素材を選びましょう。

 

極上の肌触りを求めるあなたにはテンセル®を使用したマトラッセ

やさしい肌触りがお好みの方には、テンセル®を使用したマトラッセです。

コットンやウールの繊維は表面が荒くざらざらしていますが、テンセル®を使用したマトラッセは、これらと比較すると平らでキメが整った表面です。

2016_08_17_1061_%e3%83%86%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%abそのため、生地はなめらかでしっとりした
気持ち良いの触り心地になります。

肌への刺激が少なく抑えられるため、乾燥が気になる肌やデリケートな肌にもやさしい人気の素材です。
(※肌質改善などの効果効能を示すものではありません。)

赤ちゃんの布団にも使われる安心素材としても知られています。

もうひとつの注目するべき特徴が、吸湿性の高さ。

乾燥肌の方にとっては、より“しっとり”とした感触が得られるポイントでもありますが、人によっては、汗などの水分が布団に吸われることで肌のベタつきを感じることがあります。
よってオイリー肌の方にはあまり向いていません。

 

抜群の通気性を求めるあなたにはポリエステルを使用したピケ

オイリー肌の方には、ポリエステルを使用したピケがオススメです。

ピケの表面ポリエステルを使用したピケは、表面のでこぼことした形が特徴です。

これによって体と接する面積が少ないため、
通気性が抜群に良い素材なのです。

就寝中の肌にまとわりつかず、汗やベタつきによる不快感をやわらげてくれます。

人は眠っている間にもたくさん汗をかきます。
毎日横になる敷布団には、どうしても湿気が溜まりやすいものです。
オイリー肌の方だけでなく、汗っかきの方や「さらさらの触り心地が好き」という方は、ポリエステルを使用したピケを選んでみてはどうでしょうか。

 

テンセル®使用マトラッセかピケを選べる”すごい敷布団”

自分に合った敷布団を探そうとすると、「寝心地は良さそうだけど、素材が好みに合わないなあ」なんてこともあるかと思います。

「オススメできる敷布団」が取材させていただいたくじめ屋さんの「すごい敷布団」は、カバー素材が選べる体圧分散敷布団です。

乾燥肌の方にはしっとり素材のテンセル®使用のマトラッセ、オイリー肌の方にはさらさら素材のポリエステル使用のピケ。
自分に合った触り心地のカバーを選択できます。

寝心地の良い敷布団には、肌触りの良い素材が欠かせません。
自分にぴったりの敷布団を選んで、快適な睡眠を手に入れましょう。

「すごい敷布団」が気になる方はこちら▼
良質な睡眠で日常を変える、“すごい敷布団”>

 

 

Pocket