おすすめできる敷布団と選び方

肩こり・腰痛の悩みは、敷き布団で改善されるかも

2016.10.20

Pocket

肩こりや腰痛の原因がわからない場合は要注意

若い頃には無縁だった肩こりや腰痛。
いま肩こりや腰痛で悩んでいる人も、幼い頃は肩や腰についてあまり悩んでこなかったのではないでしょうか?

「そういえば…子供の頃、両親や祖父母が肩こりや腰痛で苦しんでいたなぁ」
そんな覚えがある方も多くいらっしゃると思います。

年を重ねていくにつれ、「あの時、両親や祖父母はこんなに辛かったんだなぁ」と身を持って知った方は、自身の肩こりや腰痛の原因について考えてみたことはありますか?

肩こりや腰痛は、加齢以外にも様々な原因から引き起こされています。
思い当たることがないのに肩こりや腰痛で苦しんでいる方は、思わぬところに原因が隠されている可能性があります。

今回は肩こりや腰痛の原因について詳しくご案内していきます。

 

肩こり・腰痛の原因にはさまざまな理由が挙げられます

姿勢が悪い・目の疲れ

主にデスクワークの方に多いのが、姿勢の悪さが原因になった肩こり・腰痛です。

集中して机に向かっているときに、つい猫背になって肩や腰に負担をかけていませんか?
長く座っている椅子の高さや座り心地は身体にあっていますか?

パソコンを使っていると、いつの間にか眉間にシワを寄せていることってありますよね。
パソコンの画面を長く見続けていると、当然目が疲れてしまいます。
実は…そんな目の疲れが、肩こりの原因になっている場合もあるんです。

同じ場所を見続けている間、ずっと頭を支えていますよね。
そのとき、首肩まわりにも大きく負担がかかっています。
目を酷使することで首肩まわりに負担がかかり、血の巡りが悪くなります。
それが、結果として肩こり・腰痛の原因となってしまうのです。

一見すると関係が無いように思えてしまいますが…人の身体は奥が深いですよね。
日頃から肩や腰、目に負担のかからない生活を心がけるのも大切ですね。

 

体力低下

pixta_11572733_kuzimeya肩こりや腰痛に悩んでいる方は、体力に自信がありますか?

「若い頃は一気に駆け上がれた階段。最近は登りきったところで息がきれてしまう…」「昔は楽に歩いて移動した距離だけど、今は車や電車に頼ってばかり」

言われてみれば、思い当たるフシがありませんか?

年齢を重ねると、疲れやすくなってしまい身体を動かす機会がぐんと減ってしまいますよね。
身体を動かさずにいると、当然体力がなくなっていきます。
この体力低下も、肩こりや腰痛の原因として挙げられるんです。

体力低下によって足腰が弱ると、身体を支えていられなくなります。
まっすぐ立っているのが辛いときは、何かに寄りかかっていると楽ですよね。
でも、その寄りかかっている体勢…背骨が歪んでしまっていないですか?

身体が歪んでいると、肩や腰に余計な負担がかかります。
それが、肩こり・腰痛の原因につながってしまうのです。

「それなら体力をつけるために運動しよう」と思い立った方は、身体を動かす前に準備運動をしっかりしましょう。
準備運動をせず、急に身体を動かすことで腰や筋を痛めてしまうことがあります。
さらには怪我をしてしまう危険も…。

体力が衰えている自覚があるなら、毎日少しずつでも身体を動かす機会を作って、体力アップを目指したいですね。

 

肥満

肥満も肩こり・腰痛の原因として挙げられます。

先の項目で、姿勢や血流の滞りが、肩こり・腰痛の原因になることをお伝えしました。
肥満の場合は、自身の体重を支えるのが辛いため、姿勢が悪くなってしまいます。
動くのが億劫になってしまうと、血の巡りが悪くなってしまいます。
その結果、肩こりや腰痛の原因となってしまうのです。

身体が重いと、立っていても座っていても腰に負担がかかります。
横になってゴロゴロするのは楽ですが、そればかりでは運動不足に…。

姿勢が悪くなり、血の巡りが悪くなり、体力が低下してしまうという、まさに悪循環です。

 

ストレス

誰だってストレスのかからない生活を送りたいですよね。

ストレスと、肩こり・腰痛。
あまり繋がりがないような気がしてしまいますが、実はストレスが原因で引き起こされる肩こりや腰痛があるんです。

ストレスが原因の場合、そのストレスが解消されることで肩こりや腰痛も治ってしまう、というのが特徴です。

ストレスが原因になっていることがあるなんて驚きですよね。
原因のわからない肩こりや腰痛に悩まされている方は、ストレスを解消する方法を試してみると良いかも?

 

日常生活

ここまで挙げた以外にも、日常生活の中に原因が潜んでいるかもしれません。

日々の暮らしの環境はいかがですか。
肩や腰に負担がかかるようなことをしていませんか?

・普段から持ち歩く荷物が多く、重いカバンを肩に下げている。
・重いものを持つ機会が多く、腰に負担をかけている。
・睡眠環境が身体に合っていない。

こんな風に、原因となりそうなことが色々ありますよね。
次の項目では、日常生活での大きな原因となる睡眠環境について、もっと詳しく考えていきましょう。

 

その痛み、敷き布団が合っていないせいかもしれません

pixta_20082030_kuzimeya肩こりや腰痛でお悩みの方は、どのような睡眠環境で休んでいますか?

寝心地はどうですか。
毎日熟睡できていますか。

起きた時に、肩や腰の痛みに苦しんでいたり、疲れが充分に取れていないなら、もしかすると睡眠環境が身体に合っていないからかも?

人間は、人生のうち約1/3を敷き布団の上で過ごします。
こんなにも長い時間を過ごす場所ですから、身体に合った敷き布団を選ぶことでお悩みから解放されるかもしれません。

 

敷き布団で体が痛む理由、それは「体圧」。

横になったときに、敷き布団と身体が接する部分には圧力がかかっています。
それが体圧です。
人それぞれ体型や体重で差はありますが、肩から腰にかけてが最も体圧のかかる部分です。

肩や腰ばかりに圧力がかかっていたら、当然身体に優しくないですよね…。
だから、肩こりや腰痛の原因として、敷き布団が身体に合っていないことが考えられるんです。

 

敷き布団が原因の肩こり・腰痛改善のキーワードは「体圧分散」

「体圧分散」とは、身体にかかる圧力が「肩」や「腰」ばかりに集中しないよう、身体全体に分散させることを指します。

「体圧分散」なんて、あまり聞きなれなくて馴染みがないですよね。
ですから、分かりやすく説明してみます。
例えば…

左の手のひらに、右の人差し指を突き立てて押してみて下さい。
一点に圧力がかかっているのが分かると思います。

今度は左の手のひらに、右の手のひらを合わせて、さっきと同じくらいの力で押してみて下さい。
手のひら同士がぴったりと合わさって、圧力が分散されているのがお分かり頂けましたか?

全体に圧力が分散して、接する面に負担がかからない。
これが体圧分散の考え方です。

 

体圧分散には、低反発と高反発があります

それでは、どのような敷き布団が体圧分散に適しているのでしょうか?

ひとつめは、近頃はお馴染みになった低反発性のある素材を使用した敷き布団。
「低反発」と言われると、まず「柔らかさ」をイメージされると思います。
ご存知のとおり、低反発性のある素材は、ゆるやかに圧力を受け止め、ゆるやかに押し返す性質があります。

低反発性のある素材の敷き布団は、身体に合わせて形が変わります。
ですから、敷き布団と身体の接する面がぴったりと合わさって、体圧を上手く分散させることができます。

ふたつめは、高反発性のある素材。
「高反発」と言われても、低反発性のある素材とどんな違いがあるのか、あまり馴染みがなくイメージし辛いのではないでしょうか。

高反発は、低反発よりも強く押し返す性質があります。
高反発性のある素材の敷き布団でも、体圧を全体で受け止めて分散させることができます。
また、低反発性のある素材のように身体が沈みすぎないという性質があります。

「低反発」と「高反発」
このどちらも体圧分散に優れている素材なのです。

 

オススメするのは、高反発性のある素材の敷き布団!

低反発の敷き布団でも、高反発の敷き布団でも体圧分散できますが、肩こりや腰痛にお悩みの方へは、高反発の敷き布団の方がオススメなんです。

低反発の敷き布団は身体が包み込まれて、心地よさはバツグンですよね。
しかし、身体が沈み込んでしまうことで、寝返りをうち辛くなります。
寝返りがうち辛いと、寝返りの回数が減ってしまいます。
それが、肩こりや腰痛を引き起こす原因になってしまうのです。

人は寝ている時に寝返りをうつことで、無意識のうちに血流が滞らないように動いています。
つまり、寝返りの回数が減ることで、血の巡りが悪くなってしまうのです。

高反発の敷き布団は、低反発のように深く身体が沈みません。
ですから、寝返りがうちやすいのです。

寝返りがうちやすいと、寝ている間の寝返りが適した回数になります。
正しく寝返りをうつことで、血が巡り、肩こりや腰痛の原因が生まれにくいのです◎

高反発性のあるの敷き布団のオススメポイント
・体圧分散性があり、体への負担を軽減
・寝返りをうちやすい

それでは、高反発性のある敷き布団にはどのようなものがあるのでしょうか。
今回「オススメできる敷布団」が取材させて頂いた、くじめ屋さんの敷き布団を一例としてご紹介します。

%e7%b4%a0%e6%9d%90%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%ae%e7%89%b9%e5%be%b4

くじめ屋さんの高反発敷き布団である「すごい敷き布団」には、三次元スプリング構造体ブレスエアー®という素材が使われています。

この三次元スプリング構造体ブレスエアー®は、大手化学繊維メーカーの東洋紡が開発した、高反発性のある素材です。
さらに、通気性が良く、洗濯もできるので敷き布団の素材として適しています。

そして、敷き布団を買うときに気になるのが耐久性ですよね。
買ったばかりの時は良くても、使っていくうちにどんどんへたっていってすぐに使い心地が悪くなってしまった…なんて悲しい経験をお持ちの方もいらっしゃるのでは?

三次元スプリング構造体ブレスエアー®は、8万回の繰り返し圧縮に耐えられる素材です。
これが「すごい敷き布団」に使われていますので、長く良い状態を保ってお使い頂けるんですね◎
肩こりや腰痛にお悩みの方なら、へたりにくい素材なのは大きなポイントですね。

また、取材先である くじめ屋さんの「すごい敷き布団」には、さらさらした肌ざわりの「ポリエステル使用のピケ」と、しっとりした肌ざわりの「テンセル®を使用したマトラッセ」があります。

さらさらタイプの「ポリエステル使用のピケ」はオイリー肌が気になる方に、しっとりタイプの「テンセル®使用のマトラッセ」は乾燥肌が気になる方に、肩こりや腰痛のお悩みだけではなく、肌タイプのお悩みにも合わせて選べますので、より自分に合ったものを見つけられそうですね。

 

 

承認NO HC-231M

Pocket