オススメできる敷布団

睡眠不足による不調を防ぐには、寝具へのこだわりも大切

2017.10.06

Pocket

睡眠不足は、さまざまな不調を引き起こしてしまいます

24時間営業のコンビニが代表として挙げられるように、深夜勤務や交代勤務に従事する人は近年、増加していますよね。

すべてのことに24時間対応が求められる現代社会において、私たちの日々の睡眠不足は深刻な問題となっています。

十分な睡眠が取れていないと、脳にとって重要な「眠っているあいだに行われる情報の整理」を行うことができません。
そのため、集中力が散漫になり、仕事や作業に支障をきたしてしまうのです。

日本における、睡眠不足が原因となる生産性の低下はおよそ3兆円、また、睡眠不足が関係する事故などを合わせると、年間の経済的損失は3兆5千億円にものぼるという試算が出ています。

社会全体に影響をおよぼすほどの大きな問題を「たかが寝不足」として放っておくことはできませんよね。

また、睡眠不足はうつなどの精神疾患の原因にもなります。

「うつのために眠れない」のではなく、「眠れていないためにうつになる」と提唱するお医者さまもいることから睡眠と精神状態は深い関係にあることがわかりますよね。

私たちの身体にさまざまな影響を与える睡眠不足。
毎日の睡眠は、私たちにとって大きな役割を担っているんです。

 

睡眠はからだのメンテナンス。メンテナンスを怠ると…

車や家電などの機械製品を安全に使い続けるためには、無茶な使い方をせず、大切に扱わなければいけませんよね。

また車であれば、オイルチェックやタイヤの交換といった「メンテナンス」を行わなければなりません。

安全性を保つためには欠かすことのできないメンテナンス。
私たちの身体も、車や自転車、機械と同様、メンテナンスが必要です。
しかし、車検などのように、1年や2年に1度行えばいい、というわけにはいきません。

私たちの身体のメンテナンスは、眠ることによって行われます。

毎日のメンテナンスを怠ると、日中眠気に襲われて仕事が手につかなかったり、めまいや頭痛、判断力の低下、気分の落ち込み、食欲不振などさまざまな不調が、メンテナンス不足を知らせる「サイン」となって現われます。

ですが、忙しい毎日の中では、こういったサインも見落としがち。
どんどんとダメージが蓄積された状態になってしまいます。

車に整備不良があると、大きな事故へとつながってしまうように睡眠不足は思わぬ大きな病気へとつながってしまいます。

食事・運動・睡眠は、健康な生活には欠かせない3大要素です。
食生活の乱れや運動不足と並んで、睡眠不足は生活習慣病の原因となることがわかっています。

睡眠不足によって自律神経が乱れたり、ホルモンの過剰分泌などが起こることから、高血圧や高血糖、肥満などのリスクが高まります。
また、高血圧症になってしまうことで、心筋梗塞や脳卒中などのリスクも上がってしまうのです。

女性の場合、睡眠不足によってホルモンバランスが乱れることにより月経不順や不正出血を引き起こしてしまう可能性も。
さらに、ホルモンバランスの乱れによって睡眠不足・不眠を悪化させるという悪循環をも招きかねません。

pixta_13179303_xl_re睡眠不足が招くもうひとつのリスクは、免疫力が低下すること。

免疫が低下すると、体内に入ってきたウイルスや細菌を撃退する力が弱まります。
風邪を引きやすくなったり、感染症にもかかりやすくなってしまうほか、ガン細胞に抵抗する力も弱まってしまうんです。

大きな病気になってから待っているのは、「あのときメンテナンスを怠っていなければ」という後悔です。

車や自転車、家電製品などの「物」とは違い私たちの身体は替えのきかない、たったひとつの宝物。

毎日ぐっすりと眠ることで、かけがえのない宝物を大切にしたいですよね。

 

とは言っても、毎日たくさん寝れない事情がある方に。
敷き布団にこだわることをオススメします

「理想的な睡眠時間は7時間から8時間」と言われていますが、必要な睡眠時間は人によって異なります。

4時間程度の睡眠でも、日中に支障をきたすことなく活動できる方もいれば10時間ほど眠らないと寝足りない、という方もいます。

そのため、睡眠時間が短い=満足に眠れていない、睡眠不足ということではありません。

本人が「ぐっすり眠れた!」と思えるのであれば、たとえ人よりも短い睡眠時間でも、その人にとっては「理想の」睡眠時間なのです。

しかし、「自分にとっての理想の睡眠時間がわからない…」という方もいらっしゃると思います。
また、「毎日たくさん寝たいけど、仕事があるからそうもいかない…」という方もいらっしゃいますよね。

その場合には、睡眠時間の長さにこだわるよりも、睡眠の質を高めることをオススメします。

pixta_11047288_xl_re
「睡眠の質を高めるって、具体的にはどういうこと?」

たとえば、ぐっすり眠れていないAさんがいたとします。
Aさんは毎日忙しくて、睡眠時間を長く取ることができません。

そのうえ、就職と同時に買った敷き布団はもうぺっちゃんこ。
床に寝ているのと変わりません。

日中のデスクワークで凝りに凝った肩や腰をへたれてしまった敷き布団が受け止めてくれるはずもなく、自分の体重によって圧迫される部分が痛むのでひっきりなしに寝返りを打たなくてはなりません。

また、痛む肩や腰をかばって、全身に力を入れなければ寝返りを打つこともできませんから脳はしっかり休む時間を取ることができません。

寝返りのたびに身体を動かしているということですから、今度は暑くなって、汗もかいてしまいます。
じっとりまとわりつく汗がうっとおしくて、敷き布団の上の冷たい場所を求めてまた寝返りを打たなくてはならないという、悪循環を生んでしまっています。

…このような結果、ぐっすり眠って疲れが取れたとは言い難いまま、翌日も出勤して、仕事をしなければならないのです。

「眠っているにもかかわらず疲れてしまっている」状態では睡眠の質が高いとは言えませんよね。

睡眠の質は、睡眠環境と密接に関係しています。

睡眠の質を高めることはすなわち、自分がぐっすり眠れる睡眠環境を整えること。

Aさんのように頻繁に寝返りを打ったり、横になっても痛む場所がある状態は今の敷き布団が自分の身体には合っていないことを表しているんです。

あなたにぴったりの敷き布団を使うことで「眠っていたはずなのに疲れている」状態を抜け出すことができますよ。

 

たとえば、あなたにぴったりのタイプが見つかる「すごい敷き布団」

「ぐっすり眠れた!」と、気持ち良く朝を迎えられるような敷き布団の一例をご紹介したいと思います。

例としてご紹介するのは、今回私たちが取材をさせていただいたくじめ屋さんが販売する「すごい敷き布団」です。

体型や好み、肌質など、人はそれぞれ異なる個性を持っているように「すごい敷き布団」にも個性があります。

すごい敷き布団」の個性的なポイントは2つあり、あなたの個性に合わせてお選びいただけます。

あなたの個性を敷き布団の個性が組み合わされることで「朝までぐっすり!」の寝心地を手に入れることができますよ。

 

えらべるポイント1、体型と好みで選べる

すごい敷き布団」は、中材として使用されている「三次元スプリング構造体ブレスエアー®」の厚みを

小柄な方にオススメの20mmパッドタイプ
標準体型の方に向けた40mmスタンダードタイプ
大柄の方にオススメの45mmハードタイプ
お好みの厚さに調節できる20mm+40mmのカスタムタイプ

の4種類の中から選ぶことができます。

kujimeya_sozai_master-05

三次元スプリング構造体ブレスエアー®とは、大手化学繊維メーカーの東洋紡が開発した新素材。

無駄な力を使わずに寝返りを打つことができる高反発性のある素材で、体圧分散性、通気性、耐久性にも優れた、敷き布団にもってこいのクッション材なんです。

人はそれぞれ体型や体重が異なりますから、自分だけにぴったりの敷き布団を見つけるのはなかなか難しいですよね。

大柄な方が薄い敷き布団の上に身を預けると、身体が沈み込んでしまいます。
この状態から寝返りを打つためには、沈んだ身体を一度持ち上げなければいけませんよね。
身体を持ち上げるためには力が必要なので、脳が覚醒してしまいます。

体型にあった厚みの三次元スプリング構造体ブレスエアー®が使用された「すごい敷き布団」であれば、身体が沈み込みすぎるということがなく、眠ったままスムーズに寝返りを打つことが可能なんです。

体型に合わせて厚みを選んでいただくことができるほか、もちろんお好みの厚さで選んでいただくこともできますよ。

小柄な方でも、しっかりと身体を受け止めてくれる硬めの感触がお好みであれば45mmのハードタイプがオススメです。

また、お身体の具合などそのときの状況に合わせて使い分けることのできる20mm+40mmのカスタムタイプも用意されていますから、「自分にぴったり」の敷き布団で朝まで快適に眠ることができますよ。

 

えらべるポイント2、肌質で選べる

季節を問わず乾燥が気になる方、新陳代謝が高いために汗をかきやすい方…。

体型だけではなく、人はそれぞれ、体質も異なります。
睡眠の質を高めるためには、眠っている間に肌が擦れるシーツ部分にもこだわりたいもの。

すごい敷き布団」はあなたの肌質に合わせて、2つの素材からお選びいただけます。

 

【乾燥肌のあなたには、しっとり素材のテンセル®を使用したマトラッセ】

「冬は乾燥が気になって、乾いた肌がかゆくなってしまう」

乾燥肌の方は、直接肌が触れ合う敷き布団の素材を、特に気にされていると思います。
お肌がデリケートな方、やさしい触り心地をお求めの方には「テンセル®を使用したマトラッセ」を使用したタイプがオススメです。

乾燥肌・しっとりと聞くと、冬しか使えないようなイメージをしてしまうかもしれませんが、テンセル®を使用したマトラッセは吸湿性、放湿性、両方に優れているため、季節を問わずにお使いいただけるんです。

吸湿性が高いことで冬は暖かく、放湿性に優れていることで、夏も快適に。
一年を通して快適に眠ることができますよ。

 

【オイリー肌のあなたには、さらさら素材のポリエステル使用のピケ】

人は眠っている間に、コップ1杯程度の汗をかくと言われていますが、新陳代謝が高い方、体質によって汗をかきやすい方がいらっしゃると思います。
眠っている間にたくさん汗をかくことで、皮膚の中に汗がたまってしまいあせもなどの肌トラブルの原因になってしまうことも。

また、汗を吸い込んだ敷き布団はカビが発生しやすいため、カビによってさらに肌トラブルが進行してしまうことも考えられます。

肌トラブルやカビを抑えたいと考えている方には、通気性の良い、ぽこぽことした触感が特徴のポリエステル使用のピケがオススメです。

ピケ織りならではの細かい畝(うね)が、高い通気性を発揮します。
生地の凹んだ部分が熱や湿気を逃がす通り道となることで、眠っている間の汗や身体が発する熱による不快感を軽減することができますよ。

 

敷き布団から変える、あなたの睡眠環境

どれだけ長い時間眠っても、その睡眠によって疲れているのであれば十分に睡眠を取ったと言うことはできません。
眠っているのに「睡眠不足」という状態に陥ってしまっているんです。

睡眠不足によって日中不調を感じている方は「たくさん眠らなきゃ!」と時間を気にしてあくせくしてしまうより睡眠の質にこだわってみることをオススメします。

睡眠の質を高めるためには、自分に合った睡眠環境を整えること。

自分にぴったりの敷き布団を使うことから、睡眠環境を整えてみませんか?

 

今回ご紹介したそれぞれの「すごい敷き布団」はこちらから!

【乾燥肌のあなたには、しっとり素材のテンセル®使用のマトラッセ】
小柄な方にオススメの20mmパッドタイプ>
標準体型の方に向けた40mmスタンダードタイプ>
大柄の方にオススメの45mmハードタイプ>
お好みの厚さに調節できる20mm+40mmのカスタムタイプ>

【オイリー肌のあなたには、さらさら素材のポリエステル使用のピケ】
小柄な方にオススメの20mmパッドタイプ>
標準体型の方に向けた40mmスタンダードタイプ>
大柄の方にオススメの45mmハードタイプ>
お好みの厚さに調節できる20mm+40mmのカスタムタイプ>

 

 

承認NO HC-231M

Pocket