おすすめできる敷布団と選び方

乾燥肌にお悩みなら、肌にふれるものに気をつかいましょう

2016.12.30

Pocket

多くの女性が乾燥肌に悩んでいます

空気が乾燥する季節は、乾燥肌の方には辛いですよね…。
お肌の乾燥に悩んでいる方は、特に女性に多いんです。
これには男性ホルモンと肌の水分量が関係しています。

分泌量に違いはありますが、男女ともに男性ホルモンと女性ホルモン、両方の性ホルモンを分泌しています。

皮脂腺の活動を促進しているのは男性ホルモンですから、分泌量の少ない女性の方が、肌の皮脂が少なく乾燥しやすいのです。
また肌の水分量も、男性が60%なのに対して女性は55%と、少ない比率になっています。

つまり、もともと男性よりも女性の方が乾燥しやすい傾向にあるんです。

kuzimeya_hoshitsu乾燥肌に悩む多くの方は、日々の暮らしのなかで、色々な乾燥対策をされているのではないでしょうか。

お部屋に加湿器を置いたり、手足の乾燥しやすい部分にボディークリームを塗ったり…。
毎日お化粧する女性の方なら、化粧水を使っての保湿も欠かせませんよね。

乾燥肌だからこそ、からだに人一倍気をつかっているのではないでしょうか?

 

乾燥肌の方は、肌にやさしい寝具を使いましょう

乾燥肌に悩んでいて、乾燥がひどくなると肌が荒れてしまう方は、保湿する以外にも
肌着や衣服など、肌にふれるものの素材が気になりますよね。
なるべく刺激が少なくてやさしい素材の方が、肌に負担がかかりません。

寝返りそれでは寝具の素材はいかがでしょうか。
肌着や衣服のように、肌にやさしいものを選んでいますか?

人は一生のうち、人生の1/3を睡眠時間に充てていると言われています。

睡眠時間は人それぞれ違いますが、眠っているあいだは、何時間も敷き布団の上で過ごすことになります。

ですから、敷き布団などの寝具も肌着や衣服などと同じく、肌に負担がかからない素材を選ぶことをオススメします。

 

乾燥肌の方にやさしい、しっとり素材

乾燥肌の方は、肌に触れる素材をどのように選んでいますか?
例えば、
「化学繊維だと肌に合わず、擦れて肌が荒れてしまう」
「動物繊維だと、ちくちくとした刺激があってかゆくなってしまう」
このような理由で綿素材の寝具を選んでいる方も多いのではないでしょうか?

綿はシーツなど肌にふれる寝具によく使われる素材です。
オーソドックスな素材である綿は、吸湿性が高く、洗濯もしやすい素材なので寝具として使いやすいですよね。

今回、オススメできる敷き布団がご紹介したいのが、「テンセル®を使用したマトラッセ」です。

このテンセル®を使用したマトラッセは、綿よりも優れた保湿性があり、しっとりとした肌ざわりでなめらかな感触の素材です。

「寝る前に保湿クリームを塗ったのに、起きたら肘や膝がかさかさになっていた」
こんな経験をされたことがある方は、保湿性の低い素材の寝具を使っている可能性があります。

眠っているあいだでも保湿ができる素材なら、乾燥肌の方には大助かりではないでしょうか?

保湿性に優れたテンセル®を使用したマトラッセについては、
「敷布団カバーの「テンセル®を使用したマトラッセ」の特徴をご紹介」>
でも詳しくご紹介しています。

保湿性の高い素材は乾燥肌の方にとって、とても頼もしい存在ですよね。
乾燥肌に悩む多くの方に、少しでも参考にしてもらえたら嬉しく思います◎

 

Pocket