おすすめできる敷布団と選び方

ネット通販で良い敷布団を見極めるには「口コミを参考に」が鉄則!

2017.11.29

Pocket

口コミを参考にすれば、敷布団選びは失敗知らず!

ネット通販で寝具を購入するのは、「想像していたものと違ったものが届くのでは」といった不安から、ハードルが高いと思っていませんか?

消費者庁が28年度に行った調査では、商品を選ぶ時に「買う前に機能・品質・価格等を十分に調べる」かどうかという質問に対し、かなり当てはまる、ある程度当てはまると答えた方が全体の6割近くいました。
ネット通販においても、商品の機能性や品質に関して事前の調査は必須です。

店頭で商品を選ぶ際には、実物を直接触ったり、寝心地を確認することも可能です。
一方、ネット通販では、商品詳細や写真をもとに判断して購入しなくてはいけません。
情報不足や判断ミスによって自分に合わない寝具を使ってしまうと、体の負担や腰痛の原因になることもあるので、慎重に吟味することが必要です。

そんなネットショッピングの失敗を避けるには、購入した方の口コミを参考に商品を選ぶことをおすすめします。

先ほどご紹介した消費者庁の調査報告の中の「商品やサービスを検討するときにクチコミを参考にする」かどうかという質問に対して、かなり当てはまる、ある程度当てはまると答えた方が、全体の5割弱いました。
商品の実物を手に取れないネット通販では、口コミを参考にして検討することが重要です。

今回はくじめ屋の「超軽量体圧分散三層敷き布団 」、「羊毛三層敷布団」、「温熱電位治療器敷き布団」の3種類を例に挙げて、楽天ショップでそれぞれの商品を購入した方の感想をもとに、敷布団選びのコツをご紹介します。

軽さとふんわり感が魅力!「超軽量体圧分散三層敷き布団」

超軽量体圧分散三層敷き布団

驚愕の軽さ!秘密は特殊な三層構造にあります

まずは、くじめ屋の人気敷布団である「超軽量体圧分散三層敷き布団」 のシングルタイプを例に、購入者の方の口コミを織り交ぜてご紹介します。
見た目は至って普通の敷布団ですが、持ち上げてみると「とにかく軽い!」とびっくりされる方が多いようです。

購入者Aさん
「自分と主人用に買い替え」
”今までウレタンのマットレスを使っていたのですが柔らかすぎて寝返りが上手く打てず腰が痛くて仕方なかったのですがこちらに変えたら程よい固さがありかなり寝心地が良くなり腰の痛みも無くなりました!
とにかく軽い!
干す回数が増えそうです(笑)”

引用元URL:https://review.rakuten.co.jp/item/1/224520_10004950/1u7r-hzl64-g21syu_1_85505082/?l2-id=review_PC_il_body_05

超軽量三層敷き布団はもともと、日々の布団の上げ下ろしが負担に思っている方向けに開発された敷布団です。
シングルサイズは中綿重量が約2.4kg、ダブルサイズでも約3.3kgと、一般的なものよりはるかに軽いのが特徴です。

くじめ屋で同じく人気の羊毛混三層敷き布団は、綿の重さがシングルサイズで約4.0kgあるのに対して、超軽量三層敷き布団は中綿の重さがシングルサイズで約2.4kgと、約40%もの軽量化に成功しました。
(※それぞれの重さは、中綿以外の生地の重さは抜いた重さです)
重さの比較
このように軽さに特化した敷布団なので、ご年配の方や女性の方でも楽に布団の上げ下げができるのが特徴です。
購入者Aさんのように干す回数が増えれば、その分布団を清潔に保つことができ、カビの発生の予防にも効果的です。

軽いだけでなく、ボリューム感のある寝心地を実現

「超軽量体圧分散三層敷き布団」の軽さの秘密について説明しましたが、「重要なのは寝心地」とお考えの方もご安心ください。
「超軽量体圧分散三層敷き布団」は軽いだけでなく、ボリュームもしっかりあって寝心地がいいと評判なんです。

購入者Bさん 40代 女性 「満足です」
”昨日、届きました。
噂通りの軽さですね。
でも、軽いのに、ふっくらしていて、横になってみると、そのやわらかさに驚きました。
今までは布団2枚敷いて寝ていたのですが、1枚で十分です。
心地よい眠りに満足しました。”

引用元URL:https://review.rakuten.co.jp/item/1/224520_10004950/1u7r-hzavf-aemqlh_73047037/?l2-id=review_PC_il_body_05

購入者Bさんの口コミから、軽さと柔らかさの両方を兼ね備えた敷布団だということがわかりますね。

快適な寝心地の秘密は、特殊な三層構造にあります。
中芯には「プロファイルウレタン」という特殊な素材が使われています。
超軽量体圧分散三層敷き布団

プロファイルウレタンは体圧分散性が高く、なみなみにカットすることで生まれる表面の凸凹が特徴です。
この凸凹により寝る際の底つき感が緩和され、ふっくらと柔らかい寝心地が実感できる作りになっています。

プロファイルウレタンを上下で挟んでいる綿には、「テイジン マイティトップⅡECO」という特殊なポリエステル綿を使用しています。

防ダニ・抗菌防臭の機能はもちろん、皮膚への刺激性の試験済みなので、アレルギー体質の方にも安心な素材です。

敷布団全体の厚みは約10cmと、一枚で使う際にも十分なボリュームを実現しました。

家族で使ったり、ベッドで使ったり、お好みのスタイルで使えます

「超軽量体圧分散三層敷き布団」はシングルサイズ(100×210cm)と、ダブルサイズ(140×210cm)の2種類をご用意しています。
大人一人が快適に眠るには、最低でも幅が80cmは必要と言われているため、ご夫婦で寝る場合にはシングルサイズを2枚敷くのが理想的です。

購入者Cさん 「追加購入」
”1枚買って、2枚追加購入しました。
現在3枚並べて敷いて、両親+子供3人で寝ています。
ふっくら、しかし沈み込まず快適です。
まだ新しく、厚みがしっかりあるので子供が転がり落ちて頭をぶつけています。(笑)”

引用元URL:
https://review.rakuten.co.jp/item/1/224520_10004950/1u7r-hzrp7-cb0yo5_1_96011637/?l2-id=review_PC_il_body_05

購入者Cさんのようにご家族で並んで寝る場合には、人数に合わせてシングルやダブルを上手に組み合わせるのがおすすめです。

購入者Dさん 「使いやすいです」
”折りたたみベッドで寝ている夫用に購入。私と子供はベッドで寝ています。以前、他の店でマットレス付きの布団を買いましたが、重い!!これはしっかりしているのに、干しやすいです。”

引用元URL:
https://review.rakuten.co.jp/item/1/224520_10004950/1u7r-hzfj0-fzho8z_1_79254458/?l2-id=review_PC_il_body_05

購入者Dさんのようにベッドで使う場合にも、軽さとボリュームのバランスがいいと満足度が高いようです。
ベッドでも布団の上げ下ろしは必要ですので、敷布団が軽いに越したことはないですね。

一日の3分の1を睡眠に使うのだから、後悔しない敷布団選びを

人間は一日の3分の1にあたる7、8時間程度を、睡眠時間として過ごしています。
睡眠は体力の回復や疲れの緩和のための、削ることができない大切な時間です。
使用する寝具によって睡眠の質が左右されるため、質のいい睡眠のために後悔しない敷布団と出会いたいですよね。

購入者Eさん
30代女性 「ふわっふわです!」
”使っていた布団がへたったため購入。
とてもふっくらです。驚くくらい。
毎日6,7時間身体を休めるものなのに、
どうして早く買い換えなかったかな、と後悔しました。
このふかふかが持続してくれたら言うことないです!
おまけのハンカチも気に入りました。”

引用元URL:https://review.rakuten.co.jp/item/1/224520_10004950/1u7r-hzfbj-i32tex_1_77195651/?l2-id=review_PC_il_body_05

購入者Eさんの言う通り、一日の3分の1という長い時間を寝て過ごすなら、高機能な寝具で質のよい睡眠をとれた方がいいですよね。

最初にご紹介した消費者庁の調査報告にある、物を選ぶ際に「多少高くても品質の良いものを選ぶ」かどうかという質問に対して、「かなり当てはまる」、「ある程度当てはまる」と答えた方が、合わせて全体の半数以上いました。
家や自動車など大きな買い物だけでなく、日々の生活を支える寝具こそ、品質の良い商品に投資をして快適な睡眠時間を過ごしてみませんか?

「超軽量体圧分散三層敷き布団」は、シングルサイズ(100×210cm)が9900円(税込)、ダブルサイズ(140×210cm)が12900円(税込)と、1万円前後の価格設定になっています。

今お使いの寝具に対して不満がある方は、早めに高品質な敷布団への買い替えがおすすめです。

ご自宅での保管は、シングルはS字状に三つ折りにして、ダブルは中綿の凹凸面を外側にして四つ折りして保管すると、ボリュームを保ちつつ快適に長くお使いいただけます。

コストパフォーマンスが高い「羊毛三層敷布団」

羊毛三層敷布団

リーズナブルかつ買い替えやすいのが魅力の羊毛敷布団

「超軽量体圧分散三層敷き布団」と同じ三層構造の敷布団として人気なのが、「羊毛三層敷布団」です。
軽さゆえに扱いやすいと評判の超軽量体圧分散タイプよりも多少重さは感じますが、「羊毛三層敷布団」はダブルサイズ(140×210cm)が8999円(税込)と、比較的リーズナブルな価格設定になってるため買い替え時の負担が少なくて済みます。

中綿には、「超軽量体圧分散三層敷き布団」と同じ「テイジン マイティトップⅡECO」という特殊なポリエステル製綿が、中芯にあたる羊毛を上下で挟み込む形で三層構造になっています。
「テイジン マイティトップⅡECO」は、防ダニ・抗菌防臭の機能があり、気になる加齢臭や汗のニオイを抑える効果が期待できます。

羊毛の包み込むような暖かさも人気の秘密

購入者Iさんのように羊毛の敷布団は暖かいと感じるだけでなく、吸湿性と放湿性が高い素材として注目されています。

購入者Iさん
「買い替え」
”以前の布団が大分へたったのでこちらに買い替えました。しっかりした作りで丁度いい硬さでした。我が家では床に直接敷いていますが、マットレスも必要ないです。羊毛が入っているので暖かく今の時期は快適に眠れます。つい掛け布団重視になりがちですが、寝心地の違いに、敷き布団も大事なんだなと感じました。”

引用元URL:
https://review.rakuten.co.jp/item/1/224520_10000536/1u7r-h4jcb-txpvv_46870951/?l2-id=review_PC_il_body_05

人間は睡眠中にコップ一杯分程度の汗をかくとされていますが、水分が放出されないまま蓄えられてしまうとがカビの原因になります。
通常の敷布団は日干しを行うことで、太陽の力で放湿しますが、羊毛は変色するため日干しがNGとされています。
そのかわり、一晩寝ている間にたっぷり吸収した汗や水分を、敷布団を使わない日中に空気中へ放湿しておいてくれます。
夜には乾燥した状態ですっきり寝ることができるほど、吸湿能力と放湿能力が優れているとされています。
全体の中綿の質量としては、羊毛が50%、ポリエステル製綿が50%となっています。
9cmの厚みがあるので底つき感が少なく、ふんわりとした寝心地を実現しました。

買い替えやすいことからリピーターが多い羊毛三層敷布団

「羊毛三層敷布団」の購入者の方には、リピーターの方が多いようです。
購入者Jさんに感じていただいたように、高品質にも関わらず価格設定がリーズナブルなため、へたりが気になったら気軽に買い替えられることが人気の理由の一つです。

購入者Jさん
”リピートです。
前回購入した時に敷き布団でもこんなに差があるのかと驚きました!
今回も改めて他店と比較しましたが、このお値段でこの品質は他店では見つけられなかったです☆”

引用元URL:https://review.rakuten.co.jp/item/1/224520_10000536/1u7r-hzapp-acyret_70435288/?l2-id=review_PC_il_body_05

購入者Kさんのように、他の商品から買い替える形で、「羊毛三層敷布団」をご購入頂くこともあります。

購入者Kさん 40代 女性
「買い替え」
”今回で3度目の買い物です、以前も羽毛布団のダブルを2枚購入しました。羽毛布団も臭いも感じられなく気にっています今回は、敷布団のダブルを購入しましたとてもいいです。
厚みもあるしほどほどの弾力感気に入りました。それと値段と配達の早さいいです、又、様子を見てもう1枚購入したいと思います。とても気に入りました。”

引用元URL:
https://review.rakuten.co.jp/item/1/224520_10000536/1u7r-h4pqb-vfvu7_50848317/?l2-id=review_PC_il_body_05

くじめ屋の羽毛布団からの買い替えということで、「羊毛三層敷布団」のしっかりとした厚みと適度な弾力感を気に入っていただけて、購入に繋がったようです。

お子さんと一緒に寝る場合にもおすすめです

ダブルサイズで広々と使えるため、購入者Lさんのようにお子さんと寝る場合にも好評の「羊毛三層敷布団」。

購入者Lさん 「ふかふかです♪」
”子供と一緒に寝る敷布団を探していて、他の人の口コミが高いので購入しました。とてもふかふかで、子供はジャンプしたりダイブをしたりととても気に入ったようです。値段も手ごろなのに、この質感に大満足。ありがとうございました☆”

引用元URL:https://review.rakuten.co.jp/item/1/224520_10000536/1u7r-hzlq3-eorddv_1_84398195/?l2-id=review_PC_il_body_05

羊毛が使われている敷布団は、お子さんの成長にも良い影響があるといわれています。
子供は大人よりも深い睡眠を取る傾向にあり、かつ発汗量と睡眠の深さは比例するとされれているため、お子さんにこそ吸湿性が高い素材を使用した寝具がおすすめです。
イギリスのオックスフォード大学で行われた研究では、羊毛の優れた吸湿性と放湿性により、良質な睡眠が得られることから、幼児の生育に羊毛の寝具が効果的だということもわかっているようです。

赤ちゃんや幼児と添い寝をお考えの方は、この機会に羊毛素材の敷布団をご検討ください。

寝るだけで健康改善が期待できる「温熱電位治療器敷き布団」

温熱電位治療器敷き布団

家庭用医療機器としての敷布団の存在を初めて知った方や、馴染みがない方もご安心ください。
温熱効果および電位治療についてわかりやすく解説しながら、家庭用医療機器としての敷布団を使うメリットや普通の敷布団と違う点など、詳しくご紹介します。

温熱効果と電位治療で健康をサポート

温熱効果とは、温泉に入ったときに得られる効果のことです。
一般的には、血行促進、慢性的な便秘、不眠、冷え症などを改善する効果に加えて、腰痛、頭痛、肩こり、筋肉の凝り、関節痛などを軽減する効果も期待できるとされています。

温熱効果を得るためには、温泉に毎日20分以上入ることが必要といわれています。
さらに、入浴前後の温度差に気を配ったり、食前食後は入浴を避けたり、温泉から出た後は湯冷めする目に早めに寝た方がいいなど、注意事項が多いようです。

温泉に通える環境でない場合は毎日温泉に浸かるのは難しいですし、注意事項が多いのは煩わしいという方もいるかと思います。
だからこそ、自宅で気軽に温熱効果を得られたら夢のようですよね。

購入者Fさん 「快眠です」
”温熱が体に良いと聞いて、購入を決めました。
寒い冬も温かく寝れて本当に買って良かったです。”

引用元URL:
https://review.rakuten.co.jp/item/1/224520_10005924/1u7r-hzxtx-ldvgxi_1_110819039/?l2-id=review_PC_il_body_05

購入者Fさんは温熱が体に良い効果があると聞いて、くじめ屋の「温熱電位治療器敷き布団」を選んで頂いたようです。

くじめ屋の「温熱電位治療器敷き布団」は、スイッチを入れて寝るだけで、毎晩温泉に入ったような効果が期待できる画期的な家庭用医療機器です。

特殊なカーボン面発熱体が、じんわりと優しい暖かさで熟睡できる環境を提供します。
電気毛布の直接的な熱が苦手という方にも安心の柔らかい発熱が特徴です。

特に冬場は、床や窓から伝わる冷気で寝つきが悪くなり、不眠や血行不良に陥る可能性があります。
そんな時にも、温泉に浸かっているかのようなほっとする暖かさで、体を整えならが体の芯からじっくり温めます。

「温熱電位治療器敷き布団」が温熱効果とともに備えている電位治療とは、体に物理的な力を加えるのではなく、電気を通したり電位を調整して治療する方法のことです。
マイナスとプラスが持つエネルギーを電位と呼び、磁場の中に人体を置いて、適度な電圧で頭痛や肩こり、不眠、慢性便秘などの治療を目的としています。

付属のコントローラーで、温熱治療と電位治療を選択できます。
新陳代謝を上げてより健康を目指す場合には温熱治療を、体の不調をダイレクトに感じている場合には電位治療がおすすめです。

ご年配の方にもおすすめの使いやすさを追求したデザイン

「温熱電位治療器敷き布団」は、母の日や父の日のギフトとしても喜ばれ、特にご年配の方に好評のようです。

購入者Gさん 「全体が暖まる」
”80半ばの母に。
電気アンカだと足下しか暖まらず、寒くて眠れないと言うので、全体に暖まる商品を探していました。
専用シーツは、ぐるりとファスナーがあるので、かけやすかったです。シーツをかけた後は、母が自分で操作部を繋ぎ、温度調節をしました。
温度はダイヤルで調節でき、表示が大きくて見易いです。
しっかりした厚さがありますが、畳みやすく、仕舞うのも簡単です。
じんわりと全体が温まり、ぐっすり眠れるそうで、とても喜んでいます。今まで冷たい布団に入るのが嫌で遅くまでコタツで過ごしていたのが、暖かい布団になって、きちんと布団で寝てくれる様になって良かったです。
※追記:切タイマーの設定ボタンを押すと、1時間で切れてしまいます。
このボタンを誤って押した事に気が付かず、寒くて起きた事がありました。
切タイマーが押してあるかどうか、パッと見で判りづらいことと、ボタンを誤って押しやすいこと。その二点だけ、改善して欲しいです。”

引用元URL:https://review.rakuten.co.jp/item/1/224520_10005924/1u7r-hzreh-a5t4ju_92003574/?l2-id=review_PC_il_body_05

購入者Gさんのお母様のように、温熱効果に満足されている方も多いようです。
ご年配の方でも使いやすいシンプルな表示のコントローラーを採用していますが、切タイマーのボタンがわかりづらく、誤って押してしまうということがあるようです。

寝たいときにスイッチを入れるとすぐにぽかぽかと感じられるので、寝る時間に合わせて事前にスイッチをいれておく必要もありません。
切タイマー機能に関しては、電位治療時には1~8時間の間で、温熱治療時には1~12時間の間で設定可能です。
また、ダイヤルで運転の強弱を調整でき、誤作動やトラブルにも安心の各種保護回路も完備しています。

1時間あたり1円未満という省エネ設計も、家計にうれしいポイントですね。

温熱ファンの方にも認められた暖かさ

温熱効果に興味があったり、温熱効果のある寝具を使っていたという温熱ファンの方にも、くじめ屋の温熱電位治療器敷き布団はご満足頂いています。

購入者Hさん 「じんわり暖かいです」
”使ってた温熱マットが壊れたので、こちらの購入に踏み切りました。
温熱なので、体のしんから温まりぐっすり寝られるので、凄く良いです。”

引用元URL:
https://review.rakuten.co.jp/item/1/224520_10005924/1u7r-hzx6c-3zfn_1_111084376/?l2-id=review_PC_il_body_05

もともと温熱機能がある寝具を使っていたという購入者Hさん。
体の芯から暖まるのを実感されているということで、しっかりと温熱効果が発揮されていると思われます。

くじめ屋の「温熱電位治療器敷き布団」は「頭寒足熱」型を採用しているため、足元から腰あたりにかけて暖まる設計になっています。

「頭寒足熱」により、頭部が温まりすぎるのを避け、足先から温めることで血行を促進します。
さらに、血液の循環が向上することで基礎代謝が上がり、冷えを改善する効果が期待できます。
また、中綿は羊毛を使用し、素材が持つ高い吸湿性により冬は暖かく、放湿性により夏はすっきりと使うことができます。
温熱電位治療器敷き布団

温熱効果は最初に紹介したように、毎日続けることで体質改善に効果が期待できるものです。
すぐに効果がみられなくてもあきらめずに、「温熱電位治療器敷き布団」に毎日寝続けてることが重要です。

シングルサイズは13万8240円(税込)、セミダブルサイズは17万640円(税込)、ダブルサイズは19万2240円(税込)です。
敷布団にしては高価な設定に感じますが、家庭用医療機器の機能を備えた敷布団は一般的にはシングルサイズで15万円前後なので、くじめ屋の「温熱電位治療器敷き布団」はお値打ちな製品ですね。

購入者の口コミを参考にして、ネット通販を上手に利用

パソコンを使う女性

「超軽量体圧分散三層敷き布団 」、「羊毛三層敷布団」、「温熱電位治療器敷き布団」の3種類の敷布団を例に挙げて、購入者の方の機能性や寝心地に対する口コミを織り交ぜてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ネット通販を利用する際にはショップの口コミ欄を覗けば、参考になる生の声や正直な感想を誰もが読むことができます。
商品に満足されている方もいれば、商品にがっかりしたという方まで、いろいろな面からの意見がありますが、参考にする際に信用ができる意見なのか判断が難しい場合もあります。

まずは、投稿者の方が自分と似た生活スタイルや家族構成であったり、用途や体質に合った商品の口コミを見つけたら、その方の感想をよく読んでみてください。
もともとのレビュー投稿数が多い方、つまり商品を購入後にこまめに口コミを書き込むタイプの方は、口コミを投稿すること自体に前向きであったり、書いていることが信用できる場合が多いので、注目してみるのもおすすめです。

ネットで商品を購入する際に迷うことがあれば、ぜひ口コミを参考にお買い物をしてみてください。

Pocket