おすすめできる敷布団と選び方

敷布団の下のカビ、ダニ、湿気が気になるときの対策法をご紹介します

2017.11.29

Pocket

敷布団で、こんな経験がある方はいませんか?

・敷布団の下に湿気がたまりやすく、カビが生えてしまい、せきやアレルギー症状がある
・汗で敷布団がムレて寝心地が悪い。そして、敷布団に独特な匂いがついてしまう
・敷布団の硬さが身体に合わなくて腰が痛い
・敷布団を干したいけど、重たいし、毎日忙しくてなかなか出来ない

これらの問題を解決する方法がたった一つだけあります!
それは、正しい知識を得ることです。

例えば、
「敷布団の下の湿気対策をするために、天日干しをしたり、すのこや除湿シートを敷いたり、新しい布団に替えてみたり、たくさんの方法を試したけど、なかなか問題が解決しなくてあきらめてしまった。」

そんな経験はありませんか?

そもそもカビやダニが発生する原因、畳やフローリングで敷布団を敷いた時の湿気や寝心地の問題、すのこや除湿シートを使用した時の効果など、敷布団の下に潜む問題についての根本的な原因や対策方法を知らなければ、表面的な情報に振り回されてしまいます。
睡眠は人間にとって必要不可欠なものであり、良質な睡眠を摂ることは、毎日の幸せにつながります。
毎日寝る敷布団の環境を良くすることは、人生においてとても大切です。
以下に、記載した敷布団の下に関する知識をご理解していただきながら、ご自身の家庭状況と照らし合わせてみてください。

敷布団の下に発生するカビやダニの原因は3つ!

3つ

敷布団の下はカビやダニが発生しやすい最適な環境です。
毎日放ったらかしにしてしまうと、部屋の床を傷めたり、健康面に影響が出たりしてしまいます。
カビやダニの発生を抑えるためにも、それぞれの特徴を知ることはとても大切です。

カビはアレルギーを引き起こします

カビは一般的に湿度65%以上、温度20~25度の環境で発生し、フケや髪の毛などのタンパク質、お菓子の食べかす、埃、ダニの死骸・糞などを栄養源として繁殖します。
また、ダニの原因になり、肺炎やアレルギー疾患(気管支喘息、鼻炎、結膜炎など)を引き起こす場合があります。
症状としては、目がかゆみ、肌のかゆみ、喉の痛み、くしゃみ、鼻がムズムズするなどがあげられます。
ちなみに、小児せん息のほとんどはダニのアレルギー症状が原因であると言われており、小さい子供や高齢者の場合は、免疫力が弱いので注意が必要です。
長期間せきが止まらずに薬も効かない場合は、カビが原因の可能性があります。

ダニが最も発生する場所は敷布団です

ダニは目に見えないほど小さく、家の様々なところに生息しています。
一般的に湿度60~85%、温度20~30度の環境で発生し、塵や髪の毛、フケなどを栄養源とします。
ダニの発生しやすい環境が最も整いやすいのが、敷布団の下であり、敷布団は睡眠中に人間の体温で温度があがり、汗で湿度があがり、髪の毛やフケがたまり、ダニにとって最適な環境になります。
家の中に発生するダニは、主にチリダニ、コナダニ、ツメダニ、イエダニで、これらの死骸や糞は、アレルギー症状の原因となる場合があります。
また、一部のダニは、人の血を吸い、ダニ刺されを引き起こし、赤みや腫れ、かゆみが一週間ほど続くこともあります。
ダニの成虫の寿命は約2~3か月で、成虫は一日あたり数個の卵を産み、数個の糞をします。
卵が孵化する期間は約1か月なので、仮に一匹が一日2個卵を産むと30日×2(個)=60匹分になります。
そして、孵化した60匹がさらに卵を産んだら...想像するだけでゾッとしますよね。
つまり、ダニの発生する環境、すなわち敷布団の下に住む数匹だったダニが数か月後には、数千、数万匹になる可能性があります。
ダニは約60度の高温で死滅すると言われているため、洗濯や天日干し、掃除機で吸うなどの従来のダニ対策方法では、確実にダニを死滅するには不十分です。
一番の対策方法は布団乾燥機で、60度以上に加熱されることがほとんどであるためとても有効です。
自宅に乾燥機がない場合には、コインランドリーなどを使用するのがオススメです。

カビとダニが発生する原因は3つあります

では、ここまでカビとダニの特徴について説明しました、両者に3つの共通点があることに気付きましたか?
それは、温度、湿度、栄養源です。
つまり、この3つの対策をすれば、あなたの健康に悪影響を与えるカビとダニの問題を解消することができます!
では具体的にどうすればいいのか、まずは、無料で実践できる方法を3つご紹介します。
一つ目は、窓を開けることです。
カビは目に見えませんが、部屋中に大量に舞っているため、雨の日を除いて、こまめに窓を開けて換気することでカビを外に追い出し、且つ湿気を外に逃がすことができます。
2つ目は、干すことです。
カビやダニは、湿度が高い場所で発生するため、特に湿気のたまった布団やマットレスは、定期的に干して乾燥させてあげることで湿気を取り除く必要があります。
部屋干しでも効果が十分ありますが、天日干しが一番ベストな方法です。
3つ目は、掃除をすることです。
掃除機やクイックルワイパー等を使うことで、カビ・ダニの栄養源となる髪の毛やごみを駆除でき、一部のカビやダニも取り除くこともできます。
定期的な掃除は、ダニ・カビ対策として一番大切です。

以上が、日常で簡単にカビ・ダニ対策ができる方法になります。
しかし、あなたはこんな悩みをお持ちではありませんか?
一般的な知識は知っているけど、それらの対策をしてもカビ・ダニが発生する。
毎日子育てがあり、なかなか実践できない。
一人暮らしで仕事が忙しくて時間がない。
もっと簡単な方法はないの?
方法は…あります!
それは敷布団の下の床の種類によって、すのこや除湿シートなどの対策グッズおよび敷布団を選び活用することです。
以下のトピックを読み、あなたの家庭でベストな対策方法は何なのか、考えてみてください。

畳やフローリングでは、敷布団の下の環境が違う

畳とフローリング

敷布団の下の環境は大きく分けて、畳とフローリングの二つがあります。
同じ敷布団を敷いても、湿気や温度、寝心地が異なるため、それぞれのメリット、デメリットを知っていただくことで、あなたの家庭の敷布団に対する問題点が明らかになるかもしれません。

畳は湿気を吸収してくれる

日本古来から親しみ使われている畳のメリットは三つあります。
一つ目は、湿度調節機能です。
調湿機能とは、空気中に含まれる水分(湿気)を吸収・放出する機能のことを指し、人間で例えると呼吸です。
夏場に湿度が高く、じめじめしている時は、畳が空気中または、敷布団の下にたまる湿気を吸収して湿度を抑えます。
逆に、冬場は乾燥しているので、畳が水分を放出して適切な湿度を保ってくれます。
二つ目は、温度調節機能です
主に畳はイ草と稲ワラで出来ており、内部はスポンジ状の構造になっているため、スポンジ状の部分には大量の空気が含まれています。
空気は熱を通しにくい性質を持っているため、畳は夏場には暑さを遮断してくれ、冬場には冷たい空気を遮断してくれます。
つまり、夏は涼しく、冬は暖かい室内環境を整えてくれるのです。
三つ目は、遮音性・弾力性です。
畳に含まれる空気には遮音効果を高める役割を持っています。
主にイ草に含まれる空気は音を吸収してくれるため、足音等が響きにくいです。
畳はスポンジ状の構造をしているため、弾力性があり、衝撃を吸収してくれます。
つまり、畳に寝転んだときの体への負担はフローリングよりも小さいです。
畳のデメリットは、水分を吸収する能力が高いことです。
長時間水にさらされるとシミになりやすく、湿気もたまりやすい。
つまり、敷布団の定期的な換気をしなければ、敷布団の下にカビやダニが発生しやすくなります。

以上をまとめると、畳は一年中室内の温度と湿度を調節してくれます。
そして、遮音性・弾力性を持っているので、夜は静かに、快適に睡眠をとることができます。

フローリングは湿気がたまりやすい

フローリングは、都市部のマンションやアパートなどの賃貸物件に多く見られ、現代の一軒家でも多く使用されています。
フローリングのメリットは三つあります。
一つ目と二つ目は、畳と同様に温度・湿度調節機能です。
フローリングは木材を使用しており、木には温度・湿度調節機能が備わっています。
三つ目は、掃除がしやすいことです。
ダニの栄養源となる埃、食べかす、髪の毛などを掃除機で簡単に取り除くことができます。
掃除機で取れない汚れは水拭きで対処することが可能です。
畳と比べて湿度を吸収する能力は低いので、ダニが発生しにくいです。
次に、デメリットは、三つあります。
一つ目は、弾力性です。
畳と比べてフローリングは床が硬いので、踏み心地や寝心地が悪く、体への負担が大きいです。
二つ目は、吸湿性です。
人間は睡眠中にコップ一杯分の汗をかくと言われています。
敷布団は汗を吸収し、吸い取った水分は床の近くに貯まるため、フローリングは畳と違い、吸湿性が低いので、敷布団の下に湿気がたまったままの状態になります。
三つ目は、結露です。
結露のわかりやすい例をあげると、真夏に外で飲んだときの冷たい缶ジュースを想像してください。
公園の自動販売機で買ったキンキンに冷えた缶ジュースは手に持った瞬間、冷たくヒヤッとして、グイグイ美味しく飲めますよね。
しかし、一口飲んだ後、テーブルの上に置いてしばらくすると、缶のまわりに水滴が沢山ついてびちゃびちゃになりませんか?
その現象が結露であり、この原因は、真夏の30℃近い外の温度とキンキンに冷えた10℃以下のジュースとの間に起こる温度差によるものです。
温度差が大きければ大きいほど、結露は生じやすくなります。
この現象が敷布団の下にも起きるのです。
人間の体温で温められた布団と床との間には大きな温度差が生じ、特に冬場はフローリングの床は冷たいので、結露が生じやすくなります。
以上、畳とフローリングについてまとめると、

は、
1. 温度・湿度調節機能を持っている
2. 遮音性がある
3. 弾力性がある

フローリングは、
1. 温度・湿度調節機能を持っている
2. 掃除がしやすく、メンテナンスの手間がかからない
3. 結露が生じやすい

畳は、敷布団の下にたまる湿気を吸収してくれるので、除湿シートやすのこ等を使う必要はほとんどありませんが、定期的な換気が必要です。
一方で、フローリングは湿気がたまりやすい傾向にあるので、敷布団の下への対策が必要です。
また、畳と比べて床が硬いので、腰痛持ちの人はマットレス等のクッション性のあるものを敷くことをオススメします。
畳とフローリングの特徴を理解していただけましたでしょうか?
次は、敷布団の下にたまる湿気対策の具体的な方法について説明します。

湿気対策には大きく分けて5つあります

湿気

あなたは湿気対策のために敷布団の下に何を敷いていますか?
・バスタオルや新聞紙を敷いている
・すのこや除湿シートを下に敷いている
・ござを敷いている
・コルクマットを敷いている
といった意見があるかと思います。
では、それぞれの対策法にはいったいどんな特徴があるのか、一緒に見ていきましょう。

バスタオル、新聞紙

バスタオルは吸湿性が高く、使用した後に洗濯して天日干しすることで何度でも使えます。
新聞紙も同様に吸湿性が高く、読み終わって処分する前に再利用して使うことが大きなメリットです。

すのこ

すのこは、木材を使用しているので、湿度調節機能を備えており、湿気を吸収し、ため込んだ湿気を外に出してくれます。
また、敷布団の下に空間を作ることができるため、すのこを使わない場合と比べて結露が生じにくく、通気性が良くなります。
しかし、空間があるといっても風通しがいいとは言えないので、定期的に布団を干さなければなりません。
今注目されている商品として、すのこベッドがあげられます。
主に二つ折れと四つ折れタイプがあり、折りたたむことですのこごと布団を簡単に干すことができるため、毎日が忙しくて、天日干しができず、部屋干しの機会が多い方にはオススメです。

すのこは木材で出来ているため敷布団の下が硬う、腰痛持ちの人はクッション性のあるマットレス等を敷く必要があります。

除湿シート

文字通り敷布団の下に敷くことで、湿気を吸い取ってくれるシートで、商品によっては消臭効果のあるものもあります。
除湿シートは使用されている素材によって吸水力や値段がさまざまで、購入する場合は商品の内容を詳しく調べておく必要があります。
シートの種類は主に3つです。
・シリカゲル
・モイスファイン
・ベルオアシス
シリカゲルが最も安価ですが、吸収力は最も低いです。
一方、モイスファインおよびペルオアシスは、吸収力がシリカゲルの約2~3倍になります。
メンテナンスは、天日干しと洗濯ですが、商品によっては洗濯のできないものもあるため、除湿シートを選ぶ際には値段、素材、吸収力、消臭効果、洗濯の可否に注目して商品を選ぶのがオススメです。

ござ

畳をカーペット状にしたもので、イ草が使われており、畳と同様に湿度調節機能を持っています。
持ち運びが楽なのが大きなメリットですが、水分の吸収力が高いため、定期的に干して使用しないとカビ・ダニの原因になります。

コルクマット

コルクは断熱性・吸湿性に優れています。
コルクマットの中には、沢山の空気がたまっているため、畳と同様に夏は涼しく、冬は暖かい室内環境を整えてくれます。
また、空気は遮音性の働きもあるため、音が響きにくいです。

以上、敷布団の下の湿気対策にはさまざまな方法があるため、金銭面や部屋の状態に合わせて、対策を考える必要があります。
特に、フローリングは畳と比べて吸湿性がないため、上記にあげた湿気対策が必須になります。

マットレスを使うことで寝心地がさらに良くなります

マットレス Bed Mattress close up

敷布団だけでは寝心地が悪い人、腰痛持ちの人、子供の健康面が心配な人は、敷布団の下にマットレスを敷くべきかどうか悩んだことはありませんか?
敷布団の下にマットレスを使用した場合のメリット・デメリットは何なのか?
一緒に見ていきましょう。
まず、敷布団とマットレスの違いについて見ていきます。

敷布団は持ち運びが楽で、管理がしやすい

敷布団のメリットは3つあります。
一つ目は、収納がしやすいことです。
折りたたんで運ぶことが出来るので、部屋のスペースを圧迫することなく、収納することが出来ます。
二つ目は、天日干しがしやすいことです。
マットレスと比べて持ち運びがしやすく、カビ・ダニ対策として天日干しを手軽に行うことが出来ます。
三つ目は、睡眠中の落下の心配がないことです。
高さがないため、寝返りをうった場合でも床に落下する危険性がありません。
デメリットは、ダニの死骸やハウスダストなどの影響を受けやすいことです。
一般的な部屋の中で空気が一番汚れている場所はどこかご存知でしょうか?
答えは、床上30cmの範囲であり、ダニの死骸、ハウスダスト、花粉などは床上30cmの所に浮遊しています。
敷布団を直接床に敷いた場合の高さは、床上30cm付近になるため、特に赤ちゃんや高齢者のような免疫力が低い人は、アレルギー症状になりやすい傾向にあります。

マットレスは寝心地がいい

マットレスのメリットは3つあります。
一つ目は、高さです。
高さがあるので、ダニの死骸やハウスダストの影響を受けにくいです。
二つ目は、弾力性です。
敷布団と比べてクッション性が高いので、腰痛になりにくく、商品によっては高反発、低反発といったマットレスの硬さを選ぶことが出来ます。
三つ目は、通気性です。
通気性が良いため、敷布団と一緒に使用することで、湿気対策になります。
しかし、通気性が良くても湿気はたまるので定期的に天日干し、部屋干しをする必要があります。
デメリットは、手入れです。
敷布団と違って手軽に天日干しをすることが出来ず、洗濯ができないマットレスもあるため、衛生面において定期的な手入れをする必要があります。

以上、ここまでの内容をまとめると、畳は、吸湿性が高いため、定期的な換気を行えば、湿気対策としてすのこや除湿シートを使わなくても問題はありません。
しかし、床の硬さが気になるときは、敷布団の下にマットレスを使用してみてください。

一方、フローリングは、敷布団の下に湿気がたまりやすい環境にあるので、通気性の良いマットレスを敷いても不十分な場合があります。
したがって、すのこや除湿シートによる対策を行い、且つ、床の硬さが気になる場合は併用してマットレスを使うことをオススメします。

オールシーズン敷布団はどこでも使えて便利!

敷布団の下に敷くシートやマットレスは理解できたけど、敷布団は何を選べばいいの?
その疑問にお答えします。
今回紹介する商品は、畳とフローリングに直接敷けるオールシーズン敷き布団です。
この商品のすごさは、敷布団一枚で、通気性、弾力性、保温性のすべてを兼ね備えていることです。
つまり、カビ・ダニが発生しにくく、クッション性があるため寝心地がよく、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。
オールシーズンで使えること、そして、畳とフローリングの両方に使えることが大きな特徴です。
一般的に、敷布団は夏場の時期であり特に、梅雨の時期は湿度がとても高いので、すのこや除湿シートで湿気対策を行います。
一方、冬場は湿気対策に加えて、床が冷えるので断熱シート等を使った寒さ対策、そして床の硬さ対策のためにマットレスを使用する場合があります。
つまり、シーズンを通して、敷布団の下の湿気対策、寒さ対策、床の硬さ対策すべてを行おうとすると、多くの商品を買う必要があります。
家具で部屋のスペースがなくなり、毎日の手入れも大変、しだいに手入れが雑になり、カビやダニが発生してしまう。
そして、体調を崩してしまうという悪循環に陥ってしまいます。
そんな生活は嫌ですよね?
誰でも手軽に快適な睡眠生活を送ること!
それが毎日の幸せにつながります。
そのためにも、敷布団への対策は、手軽でかつ、効果的でなければなりません。

時間の節約ができます

まず、手軽であるかどうか。
そのためには、余計な作業を取り除くことが大切です。すのこ、除湿シート、マットレスなどは、必要な家具です。しかし、それらは手入れが必ず必要になります。数が多ければ多いほど、毎日の作業の負担になります。
一人暮らしで仕事が忙しいサラリーマン、子供を持つ主婦の方々、高齢者の方々は、毎日家事に費やす時間が少しでも減ったら、楽になると思いませんか?
敷布団一つで湿気対策、寒さ対策、床の硬さ対策を補えるオールシーズン敷布団は、時間の節約につながります。
次に、効果的であるかどうか。
人間の理想の睡眠時間は約8時間といわれています。
1日8時間、つまり人生の1/3は睡眠であるということです。
睡眠は、ただ寝るだけでなく、身体を休め、私たちの健康状態に大きな影響を与えています。
質のいい睡眠をとることは、毎日幸せに生きることにつながります。
そのためにも、敷布団の下への対策は万全の状態にしておく必要があります。
では、万全な状態にするためにはどうしたらいいのでしょうか?
湿気、寒さ、床の硬さ、手入れなどのさまざまな問題を解消しなければなりません。
ただし、これらすべての問題を一つ一つ解消するのは大変だと思いませんか?
お金や時間を理由に、問題点を解消せずに妥協してしまうこともあるかと思います。
しかし、睡眠の質を高めることはとても大切です。
オールシーズン敷布団は、多くの問題を一度に解決でき、手軽で快適な睡眠生活を手助けしてくれます。
そして、畳とフローリングの両方に使用することが出来るので、家庭環境が変わった場合にも対応することができます。

以上、敷布団の下の事情について、一般知識を交えながら対策方法についてご紹介しました。
畳とフローリングそれぞれの部屋における対策は、どの方法もメリット・デメリットが必ずあります。
ただし、すべてに共通しているのは、定期的に換気や天日干しなどの基本的な作業を行わなければならないことです。
あなたの日々の生活で無理なく、手軽に実践できる方法が一番の対策です。
ここまで読んでいただいた方のお悩みに少しでもお役に立てれば幸いです。

Pocket