おすすめできる敷布団と選び方

快適な眠りを後押ししてくれる1枚の敷布団パッド

2017.12.28

Pocket

古くなってきた敷布団や敷布団シーツを買い替える前に敷布団パッドの購入を検討されてはいかがですか?
敷布団パッドはお手入れもしやすい上に快適な眠りをサポートしてくれます。
夏は涼しく、冬はあったかい敷布団パッドの魅力についてご紹介します!

「働きバチ」の日本人は短時間で質のよい睡眠が必要

残業

日本人は、真面目で勤労勤勉です。
とても素晴らしいことですし、誇らしいことです。
しかし、有給も取らず、残業や休日出勤してまで働く日本の労働スタイルは、海外から「働きバチ」といわれることがあります。

社会人なら残業などで帰宅時間が遅くなり、学生であれば、塾や部活などで忙しく、どうしても寝る時間が少なくなってしまいがちです。
仕事をきっちりこなす時間や勉強する時間が足りなければ、単純に睡眠時間を削ればなんとかなると思いがちですが、果たしてそれでいいのでしょうか?

「やる気があれば、多少寝なくても頑張れる!」
などというのは危険です。
慢性的な睡眠不足から過労死や交通事故などを引き起こすものも少なくありません。

残念なことに睡眠不足は徐々にたまっていきます。
その蓄積した睡眠不足を「睡眠負債」と言われるようになりました。
睡眠負債は眠る以外の方法で返済することはできないのです。

では、どうして人は眠るのでしょうか?
そして、何のために睡眠が大切なのでしょうか?
まずは、睡眠の効果や大切さを考えてみましょう。

脳とからだの健康を左右する睡眠の大切さ

1.脳の疲れをとる

人間の脳は、常に活発に動いていて、想像以上にたくさんのエネルギーを使います。
その疲れをとるために睡眠が必要です。
脳の疲れは、からだの疲れよりもたくさんの睡眠が必要といわれています。

2.ストレスを解消する

いつもならなんでもないようことでも、イライラしてしまう。
また、いつもならしない簡単なミスをいくつもしてしまって落ち込んでしまう。
こんなことありませんか?
これは、ストレスを感じていて脳が疲れている状態といえます。

そんなイライラしている時、落ち込んでナイーブな気持ちの時に周りの人から、
「よく寝て、嫌なこと忘れなさい!」
なんて励まされたりすることがありますよね。

ナイーブな気持ちの時だけに、マイナス思考が働いて、
「こんな気持ちでのんびり眠れるわけないじゃない」
そんな励ましの言葉にすら、ますますイライラしたりして、気持ちが疲れてしまいます。

しかし、「よく寝て、嫌なこと忘れよう!」というのは、あながち間違いではないです。
睡眠をとることで、疲れた脳を休ませることができるのです。
むしろ、正しい対処法といえます。

睡眠不足は、じょじょにストレスがたまりますので、うつ病などを発症する可能性もあります。
「病は気から」でもありますが、「病は睡眠不足から」ともいえます。
睡眠不足は、精神にも健康にも悪影響を及ぼします。

3.成長ホルモンで若返り効果がある

睡眠中は、成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンは、子どもだけでなく大人にとっても重要なホルモンです。
肌やケガ、その他の細胞組織を修復、再生してくれますので、古くなった細胞、傷ついた細胞を直してくれます。

また、脂肪を燃焼する働きや、若返りにも効果があるのが嬉しい効果です♪
睡眠は脳の健康はもちろん、からだの健康にも役立っています。

4.記憶の定着、学習効果

人間の脳は、睡眠中に、学習したことを整理し、記憶として留めておくと考えられています。
記憶を定着させ、学習効果を出すには、3時間以上の睡眠が必要だといわれています。

試験前に徹夜して、試験に臨むなんていうのは、逆効果です。
どうしても明日までに仕上げなきゃいけない仕事も、とりあえず3時間ほど仮眠をとるなどすると、かえって効率があがる可能性があります。

質の高い睡眠は、睡眠環境を整えることが必要

快適な睡眠

睡眠が大切とはいえ、人間には平等に一日24時間与えられています。
忙しい現代人、子どもも大人も時間が足りなくて、睡眠時間が確保できないことが多いです。
睡眠時間確保も大切ですが、短時間でも質の高い睡眠をとることができれば、体調を崩すこともなく、ストレスの少ない毎日を送ることできるのではないでしょうか。

できることなら、自然にぐっすり眠りたいですよね。
睡眠不足による悩み、自分でできることから解消しましょう。
そこで、快適な睡眠環境を整えることから始めてみましょう。

では、快適な睡眠環境っていったいどんなものでしょうか?

快適な眠りには、布団の中の温度と湿度が重要

快適な眠りには、室内の環境が大切ですよね。
寝室の環境になにかこだわりありますか?

寝室の温度や湿度調整のため、エアコンや加湿器を利用する方も多いと思います。
また、リラックス効果を期待して、アロマオイルを焚く、心地よいBGMをかける、間接照明にこだわる…など、快適な室内環境を整えるために多種多様な方法があります。

確かに、室内環境も快適な眠りには大切なのですが、布団の中の環境が重要なのです。
布団の中の温度と湿度のことを「寝床内気候」といわれています。
快適な睡眠を得るためには、寝床内気候を適切に保つことが重要なのです。

布団にはいって眠りはじめると、寝床内の気温は人間の体温によって上がります。
そして、からだの皮膚から発散される熱量と寝具から放出される熱量とのバランスが保たれ
る状態になります。
この時の温度が快適空間の目安となります。
寝床の温度が、足の皮膚温度より高いと、熱はからだに移動して睡眠の妨げとなります。
そして、足の皮膚温度より低いと、熱はからだから外に放出されるので、快適に眠れます。

人間の皮膚の体温は、34度から35度です。
このことから、寝床内気候は、温度33度±1度が最適とされています。

また、人間は、寝ている間におよそコップ1杯分の汗をかくといわれています。
あたためられた寝床内の気温によって、寝具は加湿されますので、一時的に表面から水分が放出し、だんだんと均衛状態になります。
人間が快適に眠るためには、この湿度も大きく関わっています。
寝床内気候は、湿度50%±5%が最適とされています。

このように良い眠りのためには、寝床内気候が重要です。
そのためには、保温性、吸湿性、放湿性に優れた寝具で寝ることが大切なのです。

敷布団パッド1枚追加するだけで、快適な眠りに近づく

ベッドメイキング

快適な眠りには保温性、吸湿性、放湿性に優れた寝具が大切なのはお分かりいただけたかと思います。
じゃあ、保温性、吸湿性、放湿性に優れた寝具にすべてグレードアップしよう!
と、なるとちょっと尻込みしますよね。

機能性のある寝具を新たにすべて購入するには、費用もかかりますし、まだ使える寝具を廃棄するのももったいないです。
今、お使いの寝具を見直すのもひとつですが、今まで大切に使ってきた掛布団や敷布団をそのまま利用して、まずは敷布団パッドを1枚追加してみませんか?

「敷布団パッドを使ったことないけど…本当に敷布団パッドって意味あるの?」
そろそろ敷布団を買い替えようかなとお考えの方や、敷布団パッド購入に不安を感じている方に、敷布団パッドの魅力についてぜひご紹介させてください。

敷布団パッドは、汗や汚れから敷布団を保護する

敷布団パッドや敷布団シーツは、直接肌に触れるものですので、敷布団を汗や汚れから保護する役割があります。
人間は寝ている間、およそコップ1杯分の汗をかくといわれています。
敷布団パッドや敷布団シーツなしでは、敷布団に汗や汚れがそのまましみ込んでしまい、カビや臭いの原因となり不衛生です。

最近は、ご家庭で丸洗いOKな敷布団もありますが、重量も大きいため、時間や干す場所などに手間がかかりますので、どうしてもこまめに洗うことは難しいのではないのでしょうか?
敷布団パッドや敷布団シーツなら、敷布団ほど重量もなく、手軽に洗うことができ、衛生的です。

敷布団パッドの使い方は四隅をゴムひもでひっかけるだけで簡単♪

敷布団パッドの基本的な使い方は、とっても簡単です。
敷布団→敷布団シーツ→敷布団パッド
この順番で下から敷いていきます。

ここで、ふと疑問がわきませんか?
「敷布団パッドがあれば、敷布団シーツはいらないんじゃないの?」
「敷布団シーツを買い替えれば、敷布団パッドはいらないんじゃない?」

確かに敷布団シーツにも、汗や汚れから敷布団を保護する役割はあります。
敷布団シーツなしで、敷布団に直接敷布団パッドのみを使用されている方もいらっしゃるようですが、敷布団の裏や側面が保護できませんので、敷布団に汚れがつきやすくなります。
敷布団を清潔に長くお使いいただくためには、敷布団シーツと敷布団パッドを併用されることをおすすめします。

また、敷布団シーツは、敷布団を包みこんで使用しますので、面積が大きくなり、洗っても、布が重なる部分があり、四隅が乾きにくかったりすることもあります。
敷布団シーツを清潔に保つには、週一回敷布団シーツ洗いたいところですが、どうしても面倒になりますよね。

洗濯して乾かした後でも、敷布団シーツを敷布団に入れるときに、ごわごわしてもたついてしまうことありませんか?
敷布団シーツを敷布団に装着する際に、敷布団シーツの中で四隅がさかさまになってしまって、敷布団シーツがもこもこしてしまってイライラしてしまう。
そんなイライラを解消してくれるのが敷布団パッド。

敷布団パッドは、四隅にゴム紐がついているものがほとんどなので、ゴム紐を敷布団の四隅にさっとひっかけるだけで装着OKです。
敷布団パッドは取り外しも簡単なので、お手入れがしやすいのも魅力的。
敷布団パッドなら、敷布団シーツに比べて面積が小さいので、気軽に洗って干すことができます。
こまめにご家庭で洗えるので、清潔に保つことができます。
もちろん、敷布団シーツと敷布団パッドを併用してお使いいただくことで、敷布団シーツを洗う頻度を減らし、敷布団パッドをこまめに洗うといった使い方もできます。
敷布団シーツと敷布団パッドを併用することが理想的といえます。

敷布団パッド1枚追加するだけで、快適な眠りをサポートすることができます。
また、敷布団パッドはお手入れも簡単で、お財布にも優しいのが嬉しいですよね♪

敷布団パッドの素材の使い分けで一年中快適に過ごせる

綿と麻

敷布団パッドのメリットは、
敷布団パッドは、汗や汚れから敷布団を守ってくれる。
敷布団シーツよりも取り外しが簡単でお手入れしやすい。
というのは、おわかりいただけたかと思います。

しかし、敷布団パッドの魅力はこれだけじゃないのです!
敷布団パッドは、素材によってプラスアルファの機能的なチカラを発揮します。

敷布団パッドは、夏は涼しく、冬はあたたかい

敷布団パッドは、季節毎に素材を使い分けると、夏はさらさらと涼しく、冬はほかほかと温かくといったように、一年中快適に過ごすことができます。

冬の寒い日には、コートを羽織る。
夏の暑い日は、汗をよく吸い取ってくれる涼しいTシャツを着る。
敷布団パッドは、気候に合わせて使うお洋服みたいなものだと思うとイメージしやすいかもしれません。

敷布団パッド1枚を追加するだけで、冷房や暖房器具だけに頼らずに、快適な就寝環境を整えるのをサポートしてくれます。

敷布団パッドは、色々な種類のものがあります。
どんな敷布団パッドを選べばいいのでしょうか。

春と夏は水分をよく吸収してくれて洗濯しやすい敷布団パッドを選ぶ

春は、過ごしやすい気候ですが、6月あたりに近づくと梅雨の季節が始まり、ジメジメした日が数日続くこともあります。
気温はそれほど高くないのに、湿気が多いので、嫌な汗をかいたりします。

夏は、日本も高温の熱帯夜が続くようになってきましたので、蒸し暑く、かなりの寝汗をかきますよね?
暑いからといって、冷房でキンキンに部屋を冷やして寝ると、翌朝からだがだるくなったりして体調を崩してしまいやすいです。
なるべく冷房だけに頼らずに涼しく眠るのをサポートしてくれるのが、敷布団パッドです。

春と夏は、汗を吸収し、すぐ乾く素材で、洗ってもすぐ乾く薄手のものがおすすめです。
また、汗をかきやすい季節ですし、梅雨の季節などは、なかなか洗濯もできないこともあるので、洗い替え用にストックがあれば、便利です。

春と夏の敷布団パッド選びのポイントは3点です。
・水分をよく吸収してくれる
・さらさらとした清涼感のある肌触り
・洗い替え用に安価なもの

おすすめの素材はこちらです♪

・多重ガーゼ

やわらかく肌触りが優しい多重ガーゼ。
空気を繊維に含んでいるので、通気性が高く蒸れにくいです。
肌の敏感な赤ちゃんにもおすすめです。
天然素材の綿100%の素材であれば、心地よい風合いです。
吸湿発散性に優れていますので、サラリとしていますので、暑い夏に最適です。

・タオル素材

汗をよく吸ってくれるので、汗かきの方や小さいお子様におすすめです。
タオルのように気軽にじゃぶじゃぶ洗えます。
安価なものも多いので、洗い替えにストックしやすいです。

・リネン

皮膚から汗を素早く吸収して、発散させます。
速乾性に優れているので、梅雨や夏も蒸れにくく素肌がサラサラに保ちます。
丈夫で洗濯をしても傷みにくいので、長くお使いいただける素材となっています。

秋と冬は暖かい素材の敷布団パッドを選ぶ

寒い冬の夜、眠くなってきて、お布団に入った途端、冷え切ったシーツや布団のせいで、目が冴えてしまい、全然眠れないというようなことありませんか?
冷え性の女性であれば、さらに足先が冷えて特に辛いですよね。

そこで、秋と冬は、あったかい敷布団パッドが活躍します。
お布団に入っても目が冴えるなんてことは解消されますよ!

秋冬のおすすめの素材はこちらです。

・綿パイル100%

冷たすぎるのは嫌だけど、暖かすぎるのも苦手。
寝汗をかきやすいお子様におすすめ。
保温性があり、洗濯しやすい素材ですし、価格も手ごろです。
色や、肌触りも豊富にあります。
適度な温かさですので、温かくなりすぎて、朝寒いと思ったら布団を蹴っていたなんてことにはなりません。

・マイクロファイバー

マイクロファイバーは、ポリエステル素材の極細繊維で、保温性があり、肌触りが柔らかです。
ご家庭で、洗えるものがほとんどですし、乾くのも早いのです。
価格も安価なものが多いです。

・アクリル

アクリルは、マイクロファイバーより保温性が高く暖かい素材です。
素材によっては、ご家庭で洗えないものもあります。
価格も安価なものから、数万円するものまであります。
冷え性で寒さに弱い方で、滑らかな肌触りが好きな方におすすめです。

・ウール

ウールは、汗などを吸湿性に優れています。
汗かきの方におすすめ。
汗をかきすぎても、しっかり吸湿してくれますので、汗でからだが冷えて体調を崩す心配もないです。

毛布のような肌触りでとても暖かく感じます。
ご自宅で洗えるタイプのものもありますが、洗えないタイプのものが多いです。
価格も数万円程度のものが主流です。
保温性重視で、どうしても暖かくなりたい方におすすめです。

・ムートン

天然素材の羊毛の優れた機能がいかされています。
価格も数十万円で高級品です。
お手入れ方法もご家庭で洗えないものがほとんどですので、専門のクリーニング店に依頼する必要があります。
天然素材にこだわりがあり、保温性、眠りの質を高めたい方におすすめ。

「和晒しガーゼ・敷きパッド」なら一年中使えます

自分に合う敷布団パッドがわからない。
季節毎に敷布団パッドを変えるのが面倒な方におすすめなのが、こちらです♪

和晒しガーゼ・敷きパッド【シングル:100×210cm】

お色は、こだわりのアイボリーとベージュの2色展開です。
真白にしなかったのは、小さいお子様のいるご家庭でも気軽にお使いいただけるようこだわりました。
どちらもお部屋に馴染みやすお色となっています♪

「和晒し無添加ガーゼ」は、夏はさらさら、冬はほかほか

和晒しガーゼ・敷きパッドは、和晒し無添加ガーゼを使用しています。
和晒し無添加ガーゼは、天然植物繊維で、夏はさらさら、冬はほかほか。
なので、季節問わず一年中お使いいただけます!

綿の木になる実「コットンボール」から作り出される天然植物繊維の織物「ガーゼ」です。
薄手で、柔らかく通気性に優れており、吸湿性もよいです。
なんといっても、織り目がポイント。
粗すぎず、細かすぎない適度の織り目なので、夏は風通しがよく、冬は暖かい空気の毛布をまとうようなあたたかさです。
暑がりの方、冷え性の方、敏感肌の赤ちゃんにもおすすめです。

「和晒し製法」は、100%無添加で赤ちゃんにも優しい

和晒し無添加ガーゼの「和晒し」は「和晒し製法」のことです。
この「和晒し製法」は5つの素晴らしいポイントがあります。

・100%無添加

繊維検査の第一機関の日本化学繊維検査協会より証明書もらっています。
出荷段階のホルムアルヒデド値は基準値の0.05を大幅に下回る0.01で、塩素イオンも検出されていませんので、100%無添加!
もちろん赤ちゃんがなめてもOK!
※空気中には必ず微量の細菌がいますので、ガーゼそのものの数値ではなく、空気中の値も反映されてしまいます。
実質的に最小値と考えてください。

・日本に数台しかない和晒し釜を使用

綿布の紡績後、綿花から独特な匂いの油や不純物を取り除くのが、晒しという作業です。
晒しの方法は、最新の自動精錬機を使い、数十分で仕上げる洋晒しと、昔ながらの和晒し釜(日本に数台しかないそうです)で何日間もかけて中の不純物をゆっくりとのぞく和晒しとがあります。

・薬品を使用しない

和晒し無添加ガーゼは、なんと仕上げの糊付けもしていませんので、すぐにお使いいただけます。

・4日間熟成

ゆっくりと時間をかけて晒すため、繊維に負担がかかりません。

・繊維を壊さないのでふんわり

和晒し無添加ガーゼは多重構造のダブルガーゼです。
織りの段階で生地を2重に仕上げる多重構造ではなく、製法の段階で1枚ずつ重ねて2重にした多層構造となっています。
多層構造で生地と生地の間により多くの空気層ができ、保湿性や通気性が大幅にUP。
このふわふわやわらかガーゼ生地を重ねて縫製するのは大変な手間と技術ですが、熟練した職人さんたちの素晴らしい技術があり実現できています。

「和晒し無添加ガーゼ」は、多層構造で保湿性と通気性がUP

和晒し無添加ガーゼは、多層構造により生まれた空気層で温度を保ちながら、通気性に優れているため、汗などを吸収し発散。
夏だけでなく、冬も使え一年中使えます。

また、和晒し無添加ガーゼは、保湿性、通気性がUPする多層構造ですので、寝床内気象に最適です。

「ドリームコール・あったか敷きパッド」

「ガーゼ素材もいいけど、冬にはやっぱり暖かい素材がいいわ」
とお考えの方にはこちらがおすすめです♪

ドリームコール・あったか敷きパッド【シングル:100×210cm】

お色はベージュゴールドで、高級感があり落ち着いたお色ですので、和洋室を問わずおしゃれにお使いいただけます♪
ヘムも起毛素材であったかいのが嬉しいですよね。
4隅にずれ防止ゴムバンド付きなので、寝返りをたくさんうってもOK!

キルティングは、糸を使わず超音波による摩擦熱で素材を癒着させる加工技術「ソニックキルト」を採用しています。
糸キレの心配がないうえ、高温で処理されるので、微細菌処理にもなり衛生的です。
中綿は、防ダニ・抗菌防臭の「テトロン」、遠赤外線効果であったか「ウォーマル」のブレンド綿を採用しています。
洗濯を何度しても効果はそのままご家庭でどんどん洗えます!

敷布団パッド1枚追加して、快適な睡眠環境を今夜から実感してみましょう

敷布団パッドの魅力が、おわかりいただけたかと思います。
睡眠不足や睡眠負債は、ご自分の睡眠で解決するのが理想的です。
敷布団パッドは、洋服のコーディネートを考えるように、機能的な敷布団パッド1枚を追加するだけで、理想的な寝床環境をカスタマイズできます。

お好みの敷布団パッド1枚追加して、睡眠環境を今夜から快適にしませんか?

Pocket