おすすめできる敷布団と選び方

布団の湿気対策は、すのこベッドに敷布団を敷くのがオススメ!

2017.12.06

Pocket

  • 気が付きにくいからこそ、大事な敷布団のカビ対策
  • 敷布団の湿気対策にすのこを使う
  • 畳よりもフローリングに注意!
  • 使い勝手が良いすのこベッド
  • 敷布団のほうが使い勝手がいい!
  • 気が付きにくいからこそ、大事な敷布団のカビ対策

    天気の良い日に布団を干そうと思っていたら、布団の裏に黒ずみ発見!
    それ、実はカビです。
    敷布団に生えたカビをとるのはすごく大変。
    しかも、早めに手当てしないと広がる一方です。
    そんなことになる前に対策をしましょう。

    布団の湿気は下に溜まりやすい

    敷布団にカビが生える原因は「湿気」です。
    梅雨時はもちろん、一番汗をかきやすい夏場は想像以上に水分が敷布団の中に入り込んでいます。
    人は就寝中にはコップ1杯分程度の汗をかく(※成人の場合)といわれています。
    もちろん、敷布団に全て吸収されてしまうわけではありませんが、毎晩ともなると相当な量になります。

    湿気対策は、換気が大事

    昼間、外に干したフカフカの布団で、気持ちよく眠りたい。
    でも、天気の具合によっては干したいときに干せなかったりしてちょっと残念なときがありますよね。

    布団には、毎日湿気が溜まっていきます。
    できる限り、布団を乾燥させることが良いのですが、どうしたらいいでしょうか。

    湿気対策の方法として有効な手段が、布団の下の換気です。

    敷布団の湿気対策にすのこを使う

    すのこ

    敷布団に湿気をこもらせないためには、敷布団の下に隙間を作るのがコツ。
    い草の敷物やバスタオルなんかを敷く方もいらっしゃるみたいですが、隙間をきちんと作るためにオススメなのが、すのこ。

    市販されているすのこには、よく見かける板状のものから、折りたためたり、くるくると巻いて片づけてしまえるものまで形も豊富に用意されています。
    巻くタイプなら、昼の間は簡単にお部屋の片隅へしまっておけるので便利ですね。
    折りたためる形のものは、真ん中を折って山型にして、布団を部屋の中で干すための道具にすることができます。
    日頃、なかなか布団が干せない方にとっては、便利で良いと思います。

    簡単で使いやすいすのこですが、強度が低いものだと体重を支え切れないことがあります。また、板と板の隙間が空きすぎていると寝心地が悪かったりすることがあります。

    板の厚さなどに注意

    「ホームセンターで買ってくるすのこじゃダメかしら。」
    木でできているすのこの場合、板の厚さや板が張り付けてある横木同士の間隔によっては、重さに耐えきれず板が割れる可能性があります。
    ホームセンターや量販店のすのこの中には、簡易的なものがありますから、購入する際には人の体重を支えられるかどうか、確認したほうが良いでしょう。

    木の材質が悪かったり、板が薄いと、寝ていてもギシギシ音がするといったこともあるので注意が必要です。
    ネット通販や店舗でベッド・布団などと一緒に取り扱われているものは、比較的、強度を考慮してあるようです。

    隙間がありすぎると寝心地が良くない

    隙間があるほうが、通気性は良いのですが、空きすぎているのも問題です。
    隙間があくと体を支える部分の面積がそれだけ減るため、寝心地が良くありません。

    すのこの上に敷布団を敷くときに、薄い敷布団だとすのこの凹凸がじかに体に伝わり、寝にくくなります。
    この場合は、敷布団の下に薄手のマットレスを敷くなどの工夫をするといいかもしれません。

    重いすのこは片付けや移動が思ったより大変

    すのこの材質は、桐やひのきなどといった高級素材から、スギ材、パイン材、合板のほか軽量樹脂などがあります。
    軽さでは桐製が一番ですが、安価なスギ材や合板製のすのこは、かなり重くなります。
    シングルベッド程度の大きさなら、5kgから10kg程度の重さになります。

    すのこを片づけたり移動したりする必要がある場合には、ちょっと大変かもしれません。
    置きっぱなしにしておくと、部屋の使い勝手が悪くなったり、掃除しにくいといったことがあります。
    部屋の使い方も考えながら、どんなタイプのすのこが良いのか選ぶ必要があります。

    畳よりもフローリングに注意!

    寝ているときに放出される汗や水分はどのあたりに溜まりやすいのでしょうか。

    体温で暖まった空気が冷やされるのは、敷布団が接触している畳やフローリングの部分です。

    体温

    最近は、敷布団を敷いて寝るのは畳の部屋だけではありません。
    家の洋風化に伴ってフローリングやじゅうたんの部屋に、敷布団を敷く方もいらっしゃるようです。

    湿気対策の点から考えてみると、畳のほうが調湿に優れています。
    畳の場合は、畳表から畳の中心へ向かって湿気が下がっていきます。
    そのため、湿気が畳に吸収されて、敷布団やマットレスに湿気が残りにくいのです。
    特にフローリングは表面が固く、畳よりも温度が低いために湿気を逃がしにくくなっています。

    朝になって、布団を押し入れにしまうときに、敷布団やマットレスの裏側を触ってみてください。
    「思ったよりも湿ってる!」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
    この湿った状態で、押し入れに入れておくことになるわけですから…
    想像がつきますよね。
    春から秋にかけては押し入れの温度も上がるため、カビが繁殖しやすくなります。

    使い勝手が良いすのこベッド

    すのこベッド

    寝ているときの湿気対策で、最近よく見られるのが、すのこベッド。
    部屋に置くベッドを検討するときに、湿気対策も考えて検討されているようです。
    普通のベッドと違うのは床板の形が違います。
    多くのベッドは床板の上にマットレスを置くことになりますが、床板部分が板で作られているので、通気性が良くありません。

    一方、すのこベッドは、通気性確保が第一の目的になっています。
    床板の部分は隙間が設けられていて、すのこ状になっています。
    床板の隙間から湿気を逃がすことで、カビ対策に効果が期待できます。

    すのこの部分のデザインはいろいろあります。
    板の部分の幅、材質、板と板の隙間の大きさなどが様々です。

    商品によっては床板部分を山型に持ち上げることができるものがあります。
    そこに布団を置けば、部屋の中で手軽に干すこともできます。

    もちろん、すのこベッドは換気に有効だとしても、布団を敷きっぱなしにするのはよくありません。
    まれにカビが生えることがありますので、やっぱりこまめに干すのが一番。

    すのこベッドを選ぶときの注意

    ベッドの耐久力を見るのは耐荷重

    すのこベッドに使われているすのこは、比較的強度が高く、安心して寝ることができます。

    物を置いた状態で耐えられる重さを、静止耐荷重といいますが、ベッドが耐えられる人の重さの目安と考えて良いでしょう。
    一般的には静止耐荷重が200kg程度であれば、ほとんどの大人の男性が寝るのに十分と考えられます。

    静止耐荷重は60kgの体重の人で布団や枕の重さの合計が30kgであれば、全部で90kgということになります。
    しかし、ここで耐荷重が90kgギリギリのベッドを選んではいけません。
    もう少し余裕のあるものを考える必要があります。

    人がベッドの上で上半身を起こしたときには、お尻の部分に体重の大半がかかります。
    また寝返りを打ったときの衝撃も、部分的に負担がかかります。
    すのこの一部分に大きな負担がかかることを考えると、静止耐荷重に余裕を持つ必要があります。

    敷布団が使えるかどうかもベッド選びのポイント

    すのこベッドで敷布団を使うときは注意が必要です。
    例えばベッド用マットレスの場合は硬いために、人の体重が全体に分散されます。
    一部分に大きな負担がかかりにくいため、敷布団を敷いたときよりも、大きな体重を支えることができます。

    敷布団の場合、ベッド用マットレスと違って柔らかいため、体重が分散しづらいものが多いです。
    普通に寝ているだけでも、すのこの一部分に力がかかります。
    耐荷重が大きいからといって簡単に安心しないようにしましょう。

    すのこベッドの中には、敷布団を敷いて使えるものが用意されていますので、販売店によくご相談ください。

    敷布団のほうが使い勝手がいい!

    すのこベッド

    マットレスに比べて敷布団は軽いので扱いやすい

    すのこベッドに直接、敷布団を敷いて寝るのは通気性の面では良いのですが、ほかの面ではどうでしょうか。

    すのこベッドも一般的なベッドも板の上に敷布団を敷くことになり、寝心地が多少固くなります。
    寝心地を考えて、ベッド用のマットレスを使って寝る方が多いのではないでしょうか。
    このベッド用マットレスはコイルスプリング(※)が入っているのが主流です。
    かなり重いのでこまめに干したりするのには不向きです。

    それに比べて、敷布団は格段に軽くて扱いやすいといえます。
    すのこの部分を持ち上げて布団が干せるようになっているベッドがあるのも、敷布団が軽いからこそです。
    天気の良い日には、手軽に干せる敷布団が一番ですね。
    日光の下で布団を干すことは、湿気を取り除くだけではなく、殺菌やダニ対策としても有効だといわれています。

    ※コイルスプリング
    マットレスにはクッション材として様々なものが使用されていますが、金属でできたバネが中に敷き詰められたものがあります。
    このバネをコイルスプリングといいます。

    寝心地がよいオススメの敷布団

    敷布団だけでは寝心地が心配だという方に、敷布団だけでも大丈夫というオススメの製品もあります。
    例えば、くじめ屋オリジナルの「オールシーズン・敷布団(http://www.waraoha.jp/fs/kujimeya/c/0000001700)」という敷布団。
    特に、こちらがオススメな理由は、フローリングの硬さが気にならないという点。
    畳でもフローリングでも問題なく使えます。ベッドでもOKです。
    この「オールシーズン・敷布団」は、軽くて扱いやすいうえに、中芯がしっかりしていて、クッション性が高く、安心して寝ることができます。

    断面図

    敷布団で一番重要な寝心地を支える中身は、一般的にはいくつかの層に分かれています。
    体重を支える部分のメインが中芯と呼ばれるところですが、中芯にはポリエステル系の繊維をはじめいろいろなものが開発されています。
    先ほどご紹介した「オールシーズン・敷布団」の中芯にあたる部分はユーミランという素材が使われています。
    ユーミランはクッション性と、体重がかかったときの復元率が高くて寝心地がとても良いことが知られています。

    いかがでしたか?
    カビは思ったよりも身近で見かける困った問題です。
    せっかく買った良い敷布団をカビだらけにしないためにも、早めの対策と、こまめな手入れが大事です。
    良いものをしっかり選んで大事に使っていきましょう。

    Pocket